FC2ブログ

Ashe/The Rabbit Hole

Ashe/The Rabbit Hole
2018年 アメリカ
『将来有望、新人シンガーソングライター』

 新人シンガーソングライター、アッシュのデビューEPをご紹介。
https___images_genius_com_2b139316c3d7d196b9d3f6d715c27823_1000x1000x1.png

 カリフォルニア州サンディエゴ出身。本名、アシュリン・ウィルソンという彼女によるプロジェクト名がアッシュとのこと。バークリー音楽院出身のジャズ・ヴォーカリストです。デビュー前にして、ルイス・ザ・チャイルドやショーン・フランク、チェーンスモーカーなどとツアーをしています。またエミリー・シャクルトン、カリ・ロディなど若手ミュージシャンとの共作にも取り組み、ソングライターとして注目を浴びています。正直申しまして、上記ミュージシャンのことは全く知りませんでしたが、とにかくフル稼働で働いているということは理解しました。他のミュージシャンとのセッション中に、アイデアを即興で出して楽曲を生み出していくというスタイルが彼女流とのことです。

 内容について。ジャズとエレクトロを融合させたカラフルなポップをやっており、不思議の国のアリスを連想させるタイトルとも符合するイメージ。オリエンタルな要素も濃く、中期ケイト・ブッシュを彷彿とさせます。またitunesで飛躍したフェイストにも近いイメージで、アッシュの場合はSpotifyのチャートでトップ10に入る程の人気を獲得しています。

 キャッチーなリズムとメロディーを持った楽曲群は、ルーツの骨太さが伝わってくる本格派。次作もチェックしなければ。

Ashe – Choirs
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWポップス

Anderson East/Encore

Anderson East/Encore
2018年 アメリカ
『熱血ブルーアイドソウル』

 ナッシュビルを拠点として活動するブルーアイドソウル系SSWのセカンド・アルバム。

 1988年、アラバマ州アセンズで誕生。ベン・フォールズに憧れていた高校時代にピアノを習い始め、その時に曲も書き始めました。彼の祖父は教会の神父であり、父はコーラス隊の一員として、母はピアノで、と家族がそれぞれ教会で音楽に関わっていました。その環境もあり、ゴスペル音楽に親しんでいたとのこと。大学へ進学する際、テネシー州マーフリーズボロへ移住。ここで音楽活動をスタートさせています。やがてカントリー・ミュージシャンのホリー・ウィリアムスとセッションする機会を得ると、それを切っ掛けとしてレコーディング・エンジニアの職にも就くことに。経験を積んで大学卒業後、ナッシュビルへ移住。芸名をアンダーソン・イーストと改めて、エレクトラと契約。通算4枚目、メジャー第二弾となるアルバムが本作となります。新世代のブルーアイドソウル系SSWとして、アメリカ、日本で注目を集めています。
1221-099.jpg

 渋い低音が伸びやか、且つ裏声も哀愁味たっぷりで、ヴォーカリストとしての力量は抜群。バックは鍵盤、ブラス、女性コーラス入りの塩辛いバンド・アンサンブル。ザ・バンドを彷彿とさせる、枯れたロック・サウンドが素晴らしい。中盤から終盤に掛けて、ブラスやストリングスが大々的にフューチャーされた(血管ブチ切れ)熱血ソウル・ナンバーの数々は圧巻です。一部楽曲ではシンセが登場するなど、ところどころで洗練を感じさせるのもポイント。

Anderson East - Girlfriend [Official Video]

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW

土岐麻子/Safari

土岐麻子/Safari
2018年 日本
『どんよりポップスに衝撃』

 1年ほどの間隔を置いてリリースされた新作。カバーなどを挟まずに素早く発表してくれたことはうれしい驚きです。
719m00xgINL__SY355_.jpg

 前作『PINK』同様プロデュース、全ての作曲を担当したのはトオミヨウ。こう書くと前作の延長線上の作風を想像するところですが、さにあらず。最初、予備知識なしに聴いた直後は「随分変わったな、新作のプロデューサーは誰だろう。」とブックレットをめくって驚きました。

 打ち込み中心のサウンドは前作同様、むしろ個々の楽曲でのセッション・プレイヤーの参加は多くなっており、生音の比重も高くなっているはず。なのですが、デジタル・ビートはより強調されており、もはやデジタル・ポップと呼んで差し支えないという印象です。ビートが沈み込んでいる上、キーボードとヴォーカルが浮き上がって聴こえるようなアレンジの為、率直に言うと地味にも思えます。洗練された雰囲気、軽やかさは前作『PINK』を踏襲しているのですが、煌びやかではなく内省的でダークなイメージが支配している内容。先ほどはデジタル・ポップと呼んでも、と形容しましたが、それよりも、どんよりポップス。曇りの日に聴きたい感じです。

緻密なアレンジは相変わらずで、それぞれの楽曲も(ダウナー気味ながらも)表情豊かです。聴き込むほどに馴染んでいきそうな予感がします。

Black Savanna
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

RICOTTI & ALBUQUERQUE/FIRST WIND

RICOTTI & ALBUQUERQUE/FIRST WIND
1971年 イギリス
『ヴィブラフォンがヴォーカルと張り合う異色シンガーソングライター作』

 英ジャズ・シーンを代表するヴィブラフォン奏者、フランク・リコッティの代表作として記憶していた本作。永らく聴くことが出来ていなかったのですが、この度、めでたくビッグピンクよりCD化されました。
R2663175.jpg

 マイケル・アルバカーキなるミュージシャンとのデュオ作となっています。マイケルは本作発表後、ロイ・ウッドの後任としてELOに加入するとのこと。

 リコッティがヴィブラフォン、アルト・サックス、パーカッション、アルバカーキがギター、ヴォーカルをそれぞれ担当。当時、英ジャズ・シーンで活躍していた面々がベース、ドラム、ピアノでそれぞれバックを務めています。過半数の楽曲をアルバカーキが手掛けており、残りをジェイムズ・テイラーやラヴィン・スプーンフルなどのカバー曲で埋めている構成。

 ジャジーなシンガーソングライター作とは一線を画す、ジャズ・ロック度の高さが特徴。1971年という、ロックを模索していた時代ならではの新鮮な音楽性が楽しめます。ジャズ・ロック的なインプロヴィゼーションが長く続くのはもちろんのこと、ヴォーカルとヴィブラフォンが交互に主役を取る構成が多い為、清々しくも静謐な雰囲気に包まれているのが魅力となっています。

 ビッグピンクからの再発盤は重箱の隅をつつくようなレア盤が多い反面、衝撃を受けるものはあまりないのが実情なのですが、本作は英ロック・ファンにおすすめしたい佳作となっています。

Don't You Believe Me
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスジャズプログレSSW

Lake Street Dive/Free Yourself Up

Lake Street Dive/Free Yourself Up
2018年 アメリカ
『鍵盤奏者が加わり、落ち着いたポップさを身に付けた新作』

 ローリング・ストーンズやフェイセス、ハンブルパイなど、ソウルやファンクに影響を受けた英ロック・グループ。レイク・ストリート・ダイヴはそれら英ロック・グループに影響を受けているソウルフルなロック/ポップ・グループです。前作、前々作とレビューしていますが、今回はメジャー第二弾となります。
41Jb085nWGL__SS500.jpg

 今回のアルバムより鍵盤奏者がメンバーに加わったとのこと。これまでのセッション・プレイヤーが参加していたのですが、より比重が高まり、グルーヴが増しています。落ち着いたシャッフル・ナンバー「Shame, Shame, Shame」バラード「I Can Change」ビート・ロック「Dude」と3~5曲目の流れでも顕著なように、引き出しの広い楽曲群による緩急の付いた構成も、鍵盤奏者が加わった成果でしょう。力押しが前作までほどでは無い分、ポップで聴きやすい仕上がり。女性ヴォーカル、レイチェルもパワフルさよりも表情に気を配った表現に比重を置いている印象で、カチッとまとまったバンド・アンサンブルを含めて、ベテランらしい円熟の魅力を放っています。昨年、初来日をいつの間にか果たしていたそうなのですが、残念ながら見逃してしまいました。今度こそ行ってみたい。

Lake Street Dive - "Hang On" [Live Performance]
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロックポップス