FC2ブログ

Ray Materick/Sidestreets

Ray Materick/Sidestreets
1972年 カナダ
『うつむき加減の散歩ジャケ、そのままの内容』

 カナダ人SSWとして知られる、レイ・マテリックのソロ・デビュー作。2009年にBIGPINKよりCD化されておりました。トニー・コジネク、ブルース・コバーン等々ときて、やっとレイ・マテリックを聴くときが来た、という感じです。

 レイ・マテリックはオントリオ州出身。生年は調べることが出来ませんでした。神父の息子として生まれたため、1940~50年代に掛けて、教会音楽のダンス・バンドにて吹奏楽を嗜んでいたとのこと。シンガーソングライターとしては、本作を皮切りに70年代に4枚のアルバムを発表しており、その後も息の長い活動をしています。現在はピース・オン・アースというトリオ編成のフォーク・グループで活動中。ご健在です。
23760a5b.jpg

 さて、本作について。概ね、バンド演奏で録音されています。カナダのSSWらしい、というべきなのか、内省的なバラードが素晴らしい。厳しい冬を耐え抜くような辛抱強さをアコギの旋律と、歌声から感じることが出来ます。時折、挟み込まれるアップテンポでの激情迸るヴォーカルは鮮烈で、いいアクセントとなっています。教会音楽由来であろう、ゴスペルのような高揚感のあるコーラス、清々しいピアノも特徴。地味だけれども、うつむき加減の散歩ジャケにピンと来たなら、一度聴いてみてください。

Goodbye
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダSSWフォーク

Dangerous Curves/So Dirty Right

Dangerous Curves/So Dirty Right
2018年 オーストラリア
『僕らのLAメタルがまた始まった』

 もったりとしていて開放的なギターリフ、高低使い分ける賑やかな野郎コーラス、地鳴りがするようなどっしりとしたミドル・テンポの楽曲。そしてケバい容姿。君たち、LAメタル好きでしょう?
0006672955_10.jpg

 オーストラリア出身の4人組、デンジャラス・カーヴス。2015年に、ヴァン・ヘイレン、ボン・ジョヴィ、キッスなどをイメージして結成されました。2016年にデビューEPをリリースした後、地元でのライブ経験を経て、ファンを着実に増やすことに成功。ファースト・アルバムのリリースとなりました。
268x0w1111.jpg

 音楽性についてはここまでの説明からご推察されるとおり。ゆったりグルーヴィなミドル・テンポ・ロックンロールが展開されており、純度の高いLAメタル懐古が体験できる内容です。曲間にジェット機、バイクのSEが入るのもニヤリとするポイント。ヴォーカルは高音の掠れ具合がちょうど良く、悪童チックなLAメタルにはピッタリです。ワーオ!のシャウトも完璧。バンド・アンサンブルについては、ギター、リズム・セクション、共にとにかく横揺れのグルーヴを大事にしており、重量感抜群。この辺りはオーストラリア出身ということで、AC/DCからの影響を感じさせます。楽曲は総じてポップな仕上がり。またモトリークルー張りの、アコギでのしんみりパートが用意されているのもポイント。2018年ならではの新鮮味は皆無ですが、1周回って新鮮な魅力を放っています。

Dangerous Curves - So Dirty Right [Lyric Video]

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ オーストラリアHR/HM

V.A./巣鶴鈴慕

V.A./巣鶴鈴慕
2000年 日本
『ひなヅルの声が聞こえる』

 久しぶりに、民族音楽としての邦楽CDを購入。今回もビクターのJVC SOUNDシリーズより、尺八音楽の入門的な作品としてこちらを選びました。
200x200_P2_J1098035W.jpg

 民族音楽を扱う記事であれば、通常、誕生の歴史などを書くところですが、尺八の場合は概ねご存知かと思われますので割愛いたします。解説では宗教の法器として始まり、現代では持続音の出せる数少ない楽器として、様々な音楽に重宝されているとの旨が書かれています。このCDでは「巣鶴鈴慕」「鹿の遠音」という2つの代表曲を含む4曲の有名曲を、一級の演奏者により紹介してくれています。

尺八音楽は和食店のBGMで聴くことがあるくらいで馴染みも薄く、今回初めて落ち着いて聴いた次第。全編、尺八のみという硬派な内容。表題曲である巣鶴鈴慕をはじめ、どの曲にも物語が込められているのが特徴です。この辺り、解説のおかげで想像しながら楽しむことが出来ました。

鹿の遠音
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本民族音楽

ママレイド ラグ/GOODBYE

ママレイド ラグ/GOODBYE
2018年 日本
『セルフ・プロデュース歴が長くなってきた』

 ソロ・プロジェクトとなってから5枚目のアルバム。2010年代に入ってからの精力的なリリース(ライブ音源含む)が続いていましたが、今回は少し間隔が空いて4年振りとなります。
41qIiXQHu2L__SX355_.jpg

 前作のレビューで奇しくも漏らしていた不満、「セッションをして録音して欲しい」が実現されていて、うれしいです。自身のギターに、ドラム、ピアノを加えたトリオ編成で、曲によってはフルートもあり。これまでスタジオ・ワークで緻密な調整を重ねてリリースしてきただけに、セッション録音とは言え、非常に端正な仕上がり。それでも緊張感、熱気が伝わり、惹きこまれます。元々、バンドであったママレイド・ラグの初期の頃の雰囲気が幾分か感じられるのもポイント。優しい歌声は健在です。所々、巻き舌が凄すぎて何を言っているのか分からないところがあるのはご愛嬌。

大瀧詠一が亡くなった翌年にリリースされた『So Nice』は大瀧色が濃かったことが印象的でした。本作でも大瀧詠一っぽさを歌唱、曲作りの面で感じさせつつ、ブルースや50年代ロックンロールなど、ルーツに挑戦した新機軸を感じさせる楽曲があり。例えるならAORなゲイリームーアのような感じでしょうか。『GOODBYE』というタイトルからも想像できる通り、メロウで内省的なイメージが支配しているアルバムで、この傾向はソロとなってから一貫している気がします。セッションしただけで熱量が上がっています。
プロデューサーを付けて外部の意見を取り入れつつ、再びバンドを組んでみたら、サクッと殻を破れる気がする。ソロになってからのまったりした停滞感がもったいない。

youtubeはありません。
関連するタグ 日本SSW

GoGo Penguin/A.Humdrum.Star

GoGo Penguin/A.Humdrum.Star
2018年  イギリス
『ビートが強調されつつもピリピリする緊張感は健在』

 ゴーゴー・ペンギンの4枚目。いつも通り2年空けての新作となります。

 マンチェスター出身のジャズ・トリオであり、アンビエント、ポスト・ロック、アンビエント、現代音楽、ジャズ・ピアノ、ゴシックなど様々な要素を融合させた音楽をやっています。セカンド、サードも当ブログで紹介しています。
61dnB5MYexL__SL1200_.jpg

 サード『Man Made Object』の時点で傾向はあったのですが、作風がポップな方向へ振り切っている印象。ビートが強調されている曲もいくつかあり、一部、まるでヴァンゲリスのような趣。精密なドラム、うねるベース、さめざめと泣くようなピアノという三人のアンサンブルの関係は今作でも健在です。相変わらず、音の粒立ちがくっきりしているのもポイント。ちょっと普通になってしまったかな、ロック寄り過ぎないか、と最初は思いました。しかしながら、アルバム全体に緊張感が満ちており、楽曲同士が繋がっていくストーリー性もあり、聴き応えは十分です。

GoGo Penguin - Window (Official Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスジャズ