Colin Blunstone/ Never Even Thought

Colin Blunstone/ Never Even Thought
1977年 イギリス
『こんなにおしゃれさんだったのだね』

60年代、イギリスで活動していたビート~サイケ・ポップ・グループ、ゾンビーズ。そのヴォーカリストがコリン・ブランストーンです。バンド解散の後、1971年の『One Year』からソロ活動を開始。90年代以降、ソフトロックブームに乗って名盤として再評価されてきた『One Year』ですが、それ以外のアルバムはかなりないがしろにされてきた印象です。かく言う自分も長い間、サードの『Journey』(1974年)までしか聴いていません。実は彼のアルバムは権利関係がこじれているようで、『Journey』までしかCD化されていなかったようです。しかしながら、チェリー・レッドからいつの間にか2in1で続く4th&5thがリリースされていました。英国随一の甘くジェントリーな歌声を持つヴォーカリストである彼の魅力をもっと味わいたいと思い、早速取り寄せた次第。

今回は5thである『Never Even Thought』をメインのタイトルとしておりますが、2in1だからして4th『Planes』の話も少しだけ。1976年のこのアルバムはエルトン・ジョンのレーベルに移籍して制作されています。穏当なプレAORという雰囲気のアルバムですね。悪くはないのですが、地味な出来だと思います。。(同傾向の次作の完成度と比べてしまうことはもちろん、ダサイジャケもいただけません。)

一方、1977年に発表された5th『Never Even Thought』はLAで制作。
3811.jpg
前作同様、エルトン・ジョンがバックアップをしており、更にTOTOがセッションに加わっているのがポイント。また作曲面ではアラン・フィリップスという職業作曲家を起用しています。彼の曲が半数近くを占める他、カバーを中心にした構成で、コリン・ブランストーンの作曲も少々。LA録音ということで、今までのアルバムには無いカラッとした乾いた質感での都会的なポップスが楽しめます。爽やかなコーラス、軽やかなリズム隊、流れるようなスライド・ギターなど演奏面が素晴らしい。加えて楽曲の粒も揃っており、文句なし。中期の佳作と言えるでしょう。

Who's That Knocking on My Door
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSWポップス

Lesley Duncan/Maybe It’s Lost

Lesley Duncan/Maybe It’s Lost
1977年 イギリス
『ラスト作』
img5a46ac54zik5zj.jpg

 本作は77年にリリースされたレスリー・ダンカンの5枚目のアルバム。
再び日本のレーベルが世界初CD化をしてくれました。ありがたや。
今回も対訳や解説はありませんが、かっこいい写真が入っていました。

 プロデュースは前作同様、ジミー・ホロウィッツが担当。
クレジットではエンジニアにトム・ダウト、ギターにクリス・スペディング、
コーラスにマデリン・ベルが参加している他、ゴンザレスのメンバーも名を連ねています。
前作を踏襲しつつソウル色を強めた、といった方向性がクレジットからも滲み出ている感じ。

 まず、ブラス・アレンジが前面に出た1曲目「The Sky’s On Fire」の爽やかな明るさから驚きました。
とてもライトで洗練されていながら、煌びやかになり過ぎないサウンドは相変わらず。
77年作ということで、ダンス、AORの要素が、より濃くなっています。
その一方で、彼女自身のヴォーカルは少し枯れた落ち着きのある歌声に変化しており、
渋い魅力を発揮しているのもポイントでしょう。

walk in the sea
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSWポップスソウル

STUFF/MORE STUFF

STUFF/MORE STUFF
1977年 アメリカ
『あのドキドキがよみがえる』

 去年、あるライブ会場でDJが掛けていた曲。
それはスティーヴィー・ワンダーの曲をインストにしたもので、
その曲名が思い出せず「あー、あの曲大好きだったのに。
これはもしかしてボケの始まりなのでは。」と苦悶。
それにしてもいいインストだな。
たそがれたピアノと跳ねたギターの掛け合いがエキサイテイングで・・・・・・誰がカバーしているのだろう。
でもDJに「これは何という曲ですか?」とか聞くのは結構ハードル高いからなぁ。
などとまごついた後、結局聞いてみると「え?スタッフですよ。」と
”まさかこんなド定番で質問されるなんて”という戸惑いの表情で教えてくれました。
それがこのスタッフのセカンドなのだ。
stuffmorestuff.jpg

 いや、名前は僕も知ってはいたのだけれども。
実は聴く機会が無くて縁遠かったスタッフ。
これはもう買うしかない、と後日CDを購入した次第であります。

 先に挙げたスティーヴィー・ワンダーの曲は「AS」でした。

 スタッフはセッション・プレイヤーが集まってできた6人編成のグループ。
インストゥルメンタルを主にやっており、ジャズ、フュージョン、ソウルといった要素が混ざり合った、
爽快で洗練されたグルーヴ・サウンドを特徴としています。
中でも本作はとびきりグルーヴィな楽曲が揃った傑作として名高いアルバム。

 6人だからこその、層の厚いグルーヴが気持ちいい。
ヴァイオリンが入ったバラード・ナンバーやヴォーカル・ナンバーも収録しており、
変化に富んだ構成で飽きさせない工夫があります。

AS
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウルジャズ

NO DICE/NO DICE

NO DICE/NO DICE
1977年 イギリス
『的を絞り切れていないからこそ滲み出るB級の味わい』
No-Dice.jpg

 ヒプノシス・ジャケの中でも、割とマイナーな本作。
2月にCD化されたので買いました。
実はこれ、柔道(でいいのかな?)で投げる前の写真が裏ジャケから続いていて、
しつこいナンパ男を投げ飛ばす、というストーリー仕立てになっていました。
手に入れて初めて知った衝撃の事実。
さすがに地味な匂いをプンプンと感じる本作、
ヒプノシスのジャケを眺めるだけで満たされてしまいがちが早速聴いてみます。

 ノー・ダイスは4人組のグループで本作を含め、
2枚のアルバムを70年代後半に残して解散したグループ。
中期ストーンズやフェイセスを想起させる、
グルーヴィなロックンロールやパワー・ポップを得意としていたとのこと。
メンバーは4人ですがキーボード、サックス、
ストリングス・アレンジにゲスト・プレーヤーを迎えています。

 オープニングのブラウンならぬ「Why Sugar」からしてそのまんまストーンズっぽい曲でした。
枯れた歌声でシャウトするヴォーカル、
ホンキー・トンク・ピアノ、ブルージーなギターが素晴らしい。
ただし本家ほどのエネルギーはなく、あくまでもコンパクト。
それが悪いわけではなく、パブ・ロック的な気安さがあって魅力的だと思います。
また本作は3か所のスタジオで録音されており、
それぞれのセッションで別々のプロデューサーを迎えています。
それが楽曲の幅広さに繋がっており、クィーンぽいドラマティックなグラム風ナンバーやら、
ジャジーなAORナンバーなど、「なるほど、ファースト・アルバムだな。」と納得できる詰め込み振り。
ただし、根底にはロックンロールが息づいており、シンプルな魅力は一貫しています。

長い下積み時代を経てデビューした彼ら。
正直に言ってさすがに70年代後半にこの方向性では苦しかっただろう、という感じの音楽です。
しかしながら21世紀の我が家で、のんびりと楽しませてもらいました。
またいつか、引っ張り出そう、と思いつつ棚に収めた春のある日。

「Murder in the rain」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

ひがしのひとし/はじめてのシャンソン

ひがしのひとし/はじめてのシャンソン
1977年 日本
『気負わぬダンディズムがいい』

 本日は、コツコツ集めている『URC最後の蔵出し』シリーズから一枚ご紹介。
今回購入したひがしのひとしというシンガーですが、全く予備知識はありませんでした。
シリーズのラインナップの中で発売延期となっていたものだったので
なんとなく興味を惹いて買ってみました。
(これはメーカーの思うつぼと言うやつではないか?)

 ひがしのひとしは
京都出身のフォーク・シンガーで高田渡等と60年代から活躍していた人物。
URCに初期から関わっていながらアルバム・デビューしたのは1975年のこと。
本作はセカンド・アルバムです。
(はじめての、というタイトルからてっきりファーストだと思って買ったのは内緒です)
ハナゲの唄の作曲者として知られており、2014年5月に肺炎の為、死去されております。
CD化が延期されていたのはこういった事情からでしょう。

 先述のとおり、彼は60年代から活躍していた古参のフォーク・シンガー。
ですが70年代後期ともなると音楽性にも変化があり、
タイトル通りシャンソンへと傾倒していったとのことです。
シャンソンとは70年代の日本に於いては、当時のフランス流行歌のことを指しており、
ひがしのひとしの場合は特に、ジュルジュ・ブラッサンスに惚れ込んでいました。
ジュルジュ・ブラッサンスの曲に日本語詞を付けて歌ったりもしており、
本作でもA面ではジョルジュ・ブラッサンスの曲が収録されています。

 録音には長野隆、古川豪中山ラビなど
関西フォーク・シーンの名物ミュージシャンが多数参加。
ブラッサンス楽曲の再解釈は
優雅な原曲の雰囲気を残しつつ、より情緒が深く素朴さが増しており、不思議な魅力があり。
タイトル曲をはじめとするオリジナル・マテリアルは、
よりシンプルでフォーキーなものが多く、侘しい味わいがあり。
また高貴な女性が屁の不名誉を背負った様子を描いた「屁負比丘尼」など、
日本語詞の面白さも抜群です。

 こんな面白いフォーク・シンガーがいたとは知りませんでした。
CD化に感謝です。

「おせいさん」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWフォーク