LIBBY TITUS/LIBBY TITUS

LIBBY TITUS/LIBBY TITUS
1977年 アメリカ
『ゴージャスな歌声に魅了されます。』
e0042361_0351977.jpg

 引き続き、ソニーの「ナイス・プライス・リターンズ」シリーズよりご紹介。このアルバムを選んだのは、このジャケットに見覚えがあったのとポール・サイモン、フィル・ラモーン、ジェイムス・テイラーなどの豪華な参加メンバーに惹かれてのこと。リビー・タイタスについては全く知りませんが、本作には小倉エージ氏による詳細な解説が付いているので、プロフィールはそれを参考にして書いてみようと思います。

 リビー・タイタスはアメリカのSSW。60年代から歌い始め、1968年にアルバム・デビューを果たします。ここでは自作曲は含まれていませんでした。以後コーラスなどでセッションに参加することや、自作曲を提供することで様々なミュージシャンとの交流を育みます。そして1977年。自身のオリジナル曲を含むセカンド作を発表します。

 メインのプロデュースはフィル・ラモーンが担当。カーリー・サイモンとポール・サイモンも数曲でプロデュースしています。作曲クレジットでは約半数にリビー自身の名が入っている他、カーリー・サイモンが3曲(+共作1)、ポール・サイモンが1曲提供するなど、他人の提供曲も多く含んでいます。ザ・バンドやスタッフのメンバーを含む豪華なセッション・プレイヤーが集結して制作されており、先に挙げたジェイムス・テイラーはバック・コーラスでの参加でした。

 演奏はムーディーでジャズっぽく、ヴォーカルを引き立てています。艶やかな歌声が素晴らしく、2枚しかアルバムを出していないことが残念に思えるほど。ジャケットから伝わるゴージャスなイメージそのままです。涼しくなってきた夜に、このアルバムを聴けば心地よく寛ぐことが出来そう。

CAN THIS BE MY LOVE AFFAIR'

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWポップス

LAURA NYRO/SEASON OF LIGHTS

LAURA NYRO/SEASON OF LIGHTS
1977年 アメリカ
『穏やかモードのローラ・ニーロ』

 今回の「AOR CITY 1000」シリーズのレビューはローラ・ニーロのライブ盤。私は1曲でも多く知らない曲を聴こう、という方針があるのでついついライブ盤は後回しにしてしまいます。結果、本作のような有名なアルバムもまだ聴いておりませんでした。
51Q_e-DMPUL.jpg

 本作は1976年にリリースされた『Smile』のツアーからの音源を収録したライブ・アルバム。当初は10曲入りでしたが、後にコンプリート盤として(16曲入りを経て)18曲入りでリリースされています。廉価盤でもこの曲数で聴けるので得した気分になれます。

 ジャズ・フュージョン路線の『Smile』のツアーだけに、ニューヨーク周辺のジャズ・プレイヤーが集められており、洗練された優しい演奏が楽しめます。

 ローラ・ニーロのアルバムでは、全てのことを投げ出して音楽と対峙する覚悟を求められたりします。目まぐるしい転調と鬼気迫る歌唱を軽い気持ちでは聴けないのです。しかし、このアルバムはとても敷居が低く、聴きやすい。なるほど、AORシティに選ばれているのも納得であります。彼女のヴォーカルは伸び伸びとしていて晴れやか。

 いつも額に青筋を立てていそうな初期作ばかりでなく、こういうリラックスしたローラ・ニーロもいいな、と思いました。『Smile』ももう一度聴いてみないと。

The Morning News
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW

Colin Blunstone/ Never Even Thought

Colin Blunstone/ Never Even Thought
1977年 イギリス
『こんなにおしゃれさんだったのだね』

60年代、イギリスで活動していたビート~サイケ・ポップ・グループ、ゾンビーズ。そのヴォーカリストがコリン・ブランストーンです。バンド解散の後、1971年の『One Year』からソロ活動を開始。90年代以降、ソフトロックブームに乗って名盤として再評価されてきた『One Year』ですが、それ以外のアルバムはかなりないがしろにされてきた印象です。かく言う自分も長い間、サードの『Journey』(1974年)までしか聴いていません。実は彼のアルバムは権利関係がこじれているようで、『Journey』までしかCD化されていなかったようです。しかしながら、チェリー・レッドからいつの間にか2in1で続く4th&5thがリリースされていました。英国随一の甘くジェントリーな歌声を持つヴォーカリストである彼の魅力をもっと味わいたいと思い、早速取り寄せた次第。

今回は5thである『Never Even Thought』をメインのタイトルとしておりますが、2in1だからして4th『Planes』の話も少しだけ。1976年のこのアルバムはエルトン・ジョンのレーベルに移籍して制作されています。穏当なプレAORという雰囲気のアルバムですね。悪くはないのですが、地味な出来だと思います。。(同傾向の次作の完成度と比べてしまうことはもちろん、ダサイジャケもいただけません。)

一方、1977年に発表された5th『Never Even Thought』はLAで制作。
3811.jpg
前作同様、エルトン・ジョンがバックアップをしており、更にTOTOがセッションに加わっているのがポイント。また作曲面ではアラン・フィリップスという職業作曲家を起用しています。彼の曲が半数近くを占める他、カバーを中心にした構成で、コリン・ブランストーンの作曲も少々。LA録音ということで、今までのアルバムには無いカラッとした乾いた質感での都会的なポップスが楽しめます。爽やかなコーラス、軽やかなリズム隊、流れるようなスライド・ギターなど演奏面が素晴らしい。加えて楽曲の粒も揃っており、文句なし。中期の佳作と言えるでしょう。

Who's That Knocking on My Door
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSWポップス

Lesley Duncan/Maybe It’s Lost

Lesley Duncan/Maybe It’s Lost
1977年 イギリス
『ラスト作』
img5a46ac54zik5zj.jpg

 本作は77年にリリースされたレスリー・ダンカンの5枚目のアルバム。
再び日本のレーベルが世界初CD化をしてくれました。ありがたや。
今回も対訳や解説はありませんが、かっこいい写真が入っていました。

 プロデュースは前作同様、ジミー・ホロウィッツが担当。
クレジットではエンジニアにトム・ダウト、ギターにクリス・スペディング、
コーラスにマデリン・ベルが参加している他、ゴンザレスのメンバーも名を連ねています。
前作を踏襲しつつソウル色を強めた、といった方向性がクレジットからも滲み出ている感じ。

 まず、ブラス・アレンジが前面に出た1曲目「The Sky’s On Fire」の爽やかな明るさから驚きました。
とてもライトで洗練されていながら、煌びやかになり過ぎないサウンドは相変わらず。
77年作ということで、ダンス、AORの要素が、より濃くなっています。
その一方で、彼女自身のヴォーカルは少し枯れた落ち着きのある歌声に変化しており、
渋い魅力を発揮しているのもポイントでしょう。

walk in the sea
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSWポップスソウル

STUFF/MORE STUFF

STUFF/MORE STUFF
1977年 アメリカ
『あのドキドキがよみがえる』

 去年、あるライブ会場でDJが掛けていた曲。
それはスティーヴィー・ワンダーの曲をインストにしたもので、
その曲名が思い出せず「あー、あの曲大好きだったのに。
これはもしかしてボケの始まりなのでは。」と苦悶。
それにしてもいいインストだな。
たそがれたピアノと跳ねたギターの掛け合いがエキサイテイングで・・・・・・誰がカバーしているのだろう。
でもDJに「これは何という曲ですか?」とか聞くのは結構ハードル高いからなぁ。
などとまごついた後、結局聞いてみると「え?スタッフですよ。」と
”まさかこんなド定番で質問されるなんて”という戸惑いの表情で教えてくれました。
それがこのスタッフのセカンドなのだ。
stuffmorestuff.jpg

 いや、名前は僕も知ってはいたのだけれども。
実は聴く機会が無くて縁遠かったスタッフ。
これはもう買うしかない、と後日CDを購入した次第であります。

 先に挙げたスティーヴィー・ワンダーの曲は「AS」でした。

 スタッフはセッション・プレイヤーが集まってできた6人編成のグループ。
インストゥルメンタルを主にやっており、ジャズ、フュージョン、ソウルといった要素が混ざり合った、
爽快で洗練されたグルーヴ・サウンドを特徴としています。
中でも本作はとびきりグルーヴィな楽曲が揃った傑作として名高いアルバム。

 6人だからこその、層の厚いグルーヴが気持ちいい。
ヴァイオリンが入ったバラード・ナンバーやヴォーカル・ナンバーも収録しており、
変化に富んだ構成で飽きさせない工夫があります。

AS
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウルジャズ