藤原秀子/私のブルース

藤原秀子/私のブルース
1970年 日本
『これもアシッド・ジャズなのかな』

 長い間、廃盤状態になっていた藤原秀子のアルバムが遂に再発されました。
ということで、遂に我が家にも到着。
藤原秀子は五つの赤い風船のメンバーで紅一点の、女性ヴォーカリストでした。
彼女のダンディーな(という表現しか浮かばない)歌唱が
五つの赤い風船の強烈な個性に一役買っていたことは間違いありません。
本作はそんな彼女がグループ在籍中の70年に発表したアルバムとなります。

 廃盤だったとは言え、3800円くらいの若干のプレミア価格を出せば手に入った本作。
何故、購入を躊躇していたかと言えば、
タイトルにある『私のブルース』というキーワードから連想される渋い作風への懸念が原因でした。
実際聴いてみると、確かに五つの赤い風船という本体に比べれば、
スタンダードなジャズ・ヴォーカル寄りのスタイルが中心になっているため、
地味な印象は否めませんでした。
しかしながら、昭和レトロな雰囲気も含めて、迫力のある低音ヴォーカルが楽しめるアルバムで満足です。
加えて五つの赤い風船とは異なるドロドロ・サイケな要素が素晴らしい。

 ほとんどの楽曲を自身が担当しており、先述したジャズ・ヴォーカルの方向性が、
彼女のルーツであることが分かります。
アレンジにはジャックスの木田高介と、五つの赤い風船から東祥高が参加。
特にアルバムの半数のトラックに参加している木田高介のアレンジは、
ヴァイヴやオルガンを積極的に取り入れた、フュージョン~サイケ要素が強いもの。
結果、アルバムは真っ当なジャズ・ヴォーカルには終わらない、
アンダーグラウンドな雰囲気を纏った不思議な魅力を放っています。
彼の功績は大。
「ジャックス~溶け出したガラス箱」の流れとも重なる、酩酊感覚が楽しめます。

 今回の再発では7曲のボーナストラックが追加されています。
中でも目玉は「時の流れを」「青い鳥」の2曲。
貴重な未発表曲です。
藤原秀子をメインに据えたライブ音源のようですが、
どちらの曲も五つの赤い風船の延長線上にあるシリアスなフォーク・ソングという趣。
アルバムの流れとは別路線でしたが、この発掘音源はうれしいです。
(今日の動画は見つかりませんでした。)

 ダルダルに疲れ切った夜に聴くと、泥のように眠りにつけそう。
そういうアルバムだと思います。
関連するタグ 日本フォークジャズ

ROBIN GIBB/Saved By The Bell

ROBIN GIBB/Saved By The Bell
1970年 オーストラリア
『弟は1年だけ家を出た。』
「Lamplight」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ オーストラリアポップス

五つの赤い風船/巫OLK脱出計画

五つの赤い風船/巫OLK脱出計画
1970年 日本
『ふ、って読むらしいよ』

 巫OLK
これで「フォーク」と読むらしいです。
今まで「みおるく」って読んでいました・・・・・・
今更知らされても変える気にならないので「みおるく」で通してやろうと思いました。

 フルとしては2枚目。高田渡とのスプリットを含めると3枚目のアルバム。
メンバー・チェンジがあり、中川イサトが脱退して東祥高が加入しています。
音楽性が変化しており、サイケ、プログレの要素が増大。
これまでの美しいコーラスを売りにしたフォーク・グループから
実験的なアコースティック・グループへと脱皮。
まさしく「みおるく」からの脱出を図る内容でしょう。
ただし実際には前作の時点でかなり本性を現していた気もします。

 パーカッション、フルート、チェンバロなどを用いており、
アコギがシタールのように煙たい音色を奏でており、
まるでIncredible String Band やDr. Strangely Strange のようです。

 70年代アンダーグラウンドらしい、
ぼんやりとした暗さが全編に漂っており、それがとても心地いいです。

 サウンド・コラージュを多用している分幻想的になっていますが、
相変わらずアメリカン・トラッドに根差したメロディーの美しさは変わらず。

「これが僕らの道なのか」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

ARRIVAL/Arrival

ARRIVAL/Arrival
1970年 イギリス
『はじめから真面目にR&Bやろうなんて思っていないぜ』


 ココモの前身として英ロック・マニアに知られるアライバル。
ずっと聴いてみたいと思っていたのですが、2012年にRPMよりCD化されていた模様。
彼らが残した2枚のアルバムに当時のシングル曲を加えた
「Complete Recording」と銘打たれた2in2でのリリース。
まぁ、聴けるだけありがたいです。
やはり、長年聴けなかった未CD化音源に触れるのはワクワクするもの。

 今回は比較的有名であろう、デッカからリリースされたファーストを紹介します。

 7人編成のグループとなっているアライバル。
ヴォーカル&キーボード、男性ヴォーカル2、女性ヴォーカル2、ベース、ドラム
というメンバー構成が特徴的。(クレジットにはありませんがギター、フルートもあり)
5名のヴォーカルによるコーラスがひとつの武器となっています。
アメリカ憧憬はたっぷりでR&B/SOUL要素もあるのですが、
モータウンのようにはなっていません。
2曲目で「Light My Fire」をやっているというもありますが、
例えるならヤングブラッズやママス&パパスのような
どちらかと言うとシスコ・サイケの如き、大らかな連帯を感じさせるサウンドです。
また、メンバー・クレジットには含まれていないのですが、
フルートが活躍しておりプログレッシヴ・ロックを取り込んでいるのもポイント。
あまりガイド本などにも載らないグループなのですが、ココモの前身ということで
事前に賑やかでファンキーなサウンドをイメージしていました。
ところが、実情はコーラス濃厚なR&Bサウンドにサイケとプログレ要素をぶち込んだ
ややこしい音楽で驚きました。
考えてみれば当たり前ですが、あんな洗練されたおしゃれサウンドはどこにもありません。

 長きに渡りCD化すらされなかっただけあり、飛びぬけた名曲はありません。
(前述のドアーズやテリーリードなどカバー曲はあり)
しかし、この時代の英ロック・グループならではの個性の確率への足掻きが全編から
感じ取れるサウンドは英ロック・マニアの大好物。
是非、同志には一度聴いていただきたいアルバムです。

こうなると俄然、セカンドも楽しみになってきました。そちらはまた後日。

「No Good Advice 」 
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロックプログレ

LED ZEPPELIN/Led Zeppelin Ⅲ

LED ZEPPELIN/Led Zeppelin Ⅲ
1970年 イギリス
『未発表のブルース・カバーが聴ける』
 
 トラッド指向が表面化した結果、ファースト、セカンドで前のめりになっていた
ファンから不評を買った、と言われているアルバムです。

 A面はセカンドの音楽性を発展させたもの。
大仰なストリングスや、インパクトのあるギター・リフといった
ツェッペリンの独自性を主張する要素はここでほぼ固まっている印象です。
「移民の歌」や「Celebration Day」があるからなのか、やたらと陽気な雰囲気なのも特徴。
村のお祭り的なムードがあり、それはトラッド・サイドのB面にも引き継がれています。

 B面は確かにイメージからかけ離れたおとなしい曲が多い印象。
サイケデリックで浮遊感あるギターや、トラッド要素は
今後の方向性でもずっと残っていくものです。
サイケ+トラッドというのが肝。
一方で批判に晒された影響からか、
トラッド然としたナンバーは以後の作品で影を潜めてしまいます。
その意味でも貴重なアルバムでしょう。
尚、ラスト・ナンバーで曲名になっている
トラッド系シンガー・ソングライター、ロイ・ハーパーの作品も聴いておくと楽しいです。

 さてDISC2ですが、セカンドに引き続き完成前テイクを収録。
9曲が収録されており、
「Tangerine」「Bron-Y-Aur Stomp」と「Hats Off To (Roy) Harper」の3曲が外れています。
「Tangerine」の別ヴァージョンは聴いてみたかったなぁ・・・・・・。
ちなみに「Bathroom Sound」は「Out On The Tiles」なので未発表曲ではありません。
エコーをとっぱらっているトラックが多いので、総じてアグレッシヴな印象。
「Celebration Day」「Since I've Been Loving You」辺りがピークでしょう。

未発表曲は2つ。
まず「Jennings Farm Blues」はブルース・ジャム。
ギターは「移民の歌」のリフを下敷きにしていると思います。
スタジオでの未発表セッションという感じですが、
こうやって曲を作っていくんだ、という過程が見えるようです。

もう1曲はこちら。
「Key To The Highway / Trouble In Mind (Rough Mix)」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロックツェッペリン