ANDY BOWN/GONE TO MY HEAD

ANDY BOWN/GONE TO MY HEAD
1972年 イギリス(アメリカ原盤)
『バラードがいい』

 以前レビューしたジューダス・ジャンプにも参加していたアンディ・ボウンのファースト・ソロ作です。いわゆる「明るいエロ」路線のジャケで本作のことは覚えていて、CD化されたのを機に聴いてみました。
andybownhead.jpg

 本作で、アンディ・ボウンはヴォーカルとアコギを担当。若干、パワー不足ですが、若干しゃがれた男前な歌声を披露しています。バックのメンツはなかなか豪華。まずギターにピーター・フランプトン。ドラムにミッキー・ウォーラー、ピアノにジミー・ホロヴィッツ、バック・ヴォーカルにレスリー・ダンカンというラインナップ。

 バンド・スタイルの曲とSSWタイプの曲が混在している中途半端な内容ながら、各楽曲はなかなかに聴かせてくれます。一部、アレンジを盛り過ぎている感じの曲があるのが玉にきず。英SSW作品をコレクションしているのであれば、後悔しないであろう好作品です。

The Mourning Leaves

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSW

FARAWAY FOLK/TIME AND TIDE

FARAWAY FOLK/TIME AND TIDE
1972年 イギリス
『カップル二組による男女4人のグループ』

 ファラウェイ・フォークと言えば、1975年にリリースされた『Seasonal Man』がアシッド・フォークの佳作として知られているグループです。僕も長らく、その1枚きりしか聴いたことが無かったのですが、Big Pinkが初期作品をCD化してくれました。貴重な1972年産の英フォーク作品、ありがたく聴かせていただきます。
437.jpg

 1969年にデヴォン州ブリクサムで結成されたファラウェイ・フォーク。カップル二組による男女4人のグループです。70年『Live At The Bolton』でデビュー。こちらはトラッドのみのライブ盤とのこと。CD化はされているのですが、恐らく渋くディープな内容だろうと思い、手が出せませんでした。セカンドである本作ではトラッド曲は3曲に抑えられており、残りはメンバーそれぞれが持ち寄ったオリジナル曲となっています。

 オリジナル曲とは言え、トラッド色は濃厚。しかしながら弾んだヴォーカルと男女混成ハーモニーによって、ほのぼのとした味わいが醸し出されています。収録曲ではグループ名を冠した「Faraway」の爽やかさは素晴らしい。

動画はありません。
関連するタグ イギリスフォーク

Brewers Droop/Opening Time

Brewers Droop/Opening Time
1972年 イギリス
『パブロック・シーンを想像する一助に』

 再びBIGPINK再発アイテムのレビューをします。自分の得意分野なのですらすら書ける反面、マニアックな当ブログでもとびきり不親切な文章になってしまっています。反省しつつ、今日は分かりやすく書いてみたいところ。

 ブリュワーズ・ドゥループ。70年代初頭に活躍していたパブロック・グループの一つです。70年代初期、ロックンロールのリヴァイバルが起こったイギリス。そこで酒場音楽を提供するパブロック・バンドが活躍することになりました。ニック・ロウを擁したブリンズレー・シュワルツやエルヴィス・コステロなどが代表的なパブロック・グループ、ミュージシャンでしょう。
16000.jpg

 さてブリュワーズ・ドゥループについて。マホガニーというブルース・ロック・バンド(んー、アルバムはあんまりだった記憶があるが・・・)を母体として誕生したグループとのこと。本作はトム・マクギネスがプロデュースしたファースト・アルバム。

 楽曲はほぼすべてがブルース、カントリー、トラッドなどのカバー。楽器はヴァイオリン、ピアノ、アコーディオン、ハーモニカ、クラリネット、サックス、ギター、ベース、ドラムが用いられています。ソウルの熱気、トラッドのおおらかさがいい塩梅で融合しており、とにかく楽しい演奏。当時のパブロック・シーンを想像する一助になることでしょう。

If You See Kay Tonight
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

B.J.COLE/THE NEW HOVERING DOG

B.J.COLE/THE NEW HOVERING DOG
1972年 イギリス
『縁の下の力持ちのソロ作は、意外に実験的』

 ペダル・スティール。ギターをテーブルのように寝かせて弾くスタイルの楽器で、カントリーなどで、のんびりとした旅情を演出してくれています。日本では駒沢裕城が有名ですね。そんなペダル・スティールを70年代英ロックに普及させたミュージシャンがB.J.コール。70年代、コチーズというグループで埃っぽいカントリー・ロックをやっていた彼は、その経験を活かしてペダル・スティール奏者として様々なセッションに参加しました。実はそれほど有名なミュージシャンと絡んでいるわけではないのですが、英ロックの奥深くに入っていくほどに彼の名前を見ることになるのです。有名なところではキャット・スティーヴンスやTレックス、ロイ・ハーパーのアルバムに参加しています。

 本作は彼がコチーズ解散後、所属レーベルのユナイテッド・アーティストとの契約履行の為に制作された初のソロ・アルバムです。
bj_cole_new_hovering_dog.jpg

 コチーズはカントリー・ロックをやりたいギタリスト、ミック・グラハムと実験精神に溢れたB.J.コールの双頭バンドでした。そのB.J.コールのソロということで、カントリー色を残しつつもかなりプログレッシヴなアルバムに仕上がっています。

 サイケデリックなキーボード、優雅なヴァイオリン、そしてペダル・スティールが活躍する楽曲群は、実験的且つバラエティに富んでいます。ヴォーカルがヨレヨレなのが弱点で、それをカバーするためかリバーヴが薄く掛けられています。

You're Probably Lost
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

I POOH/OPERA PRIMA

I POOH/OPERA PRIMA
1972年 イタリア
『元ビート・グループのラブ・デビュー』

 イ・プーも廉価盤化で再購入したものの一つ。今回はあまり聴いていなかったメジャー・デビュー作を取り上げます。

 1966年にビート・グループとして登場して以来、現在も活動している国民的グループ。日本ではプログレッシヴな音楽性を持った70年代の作品群が人気であり、本作はその最初の作品となります。
tumblr_m3j78iz26O1qd7b7bo1_500.jpg

彼らの特徴であるメンバー全員がヴォーカルを担当することと、オーケストラとの共演は本作から導入されています。とは言え、次作以降のドラマティックの粋を極めたアレンジと比べれば、まだ素朴さが残っています。イタリア特有のドタバタとしたドラムを始めとしたバンド演奏は鋭さがありますし、ヴォーカルは得意とするメンバー全員のリレー方式はまだ控えめで、ほとんどの曲がソロで歌われています。

 甘美なメロディーでしっとりと歌い上げるラブ・ソング。それを盛り上げる華麗なオーケストラ・アレンジ。久しぶりに聴きましたが、王道ラブ・ソング集という趣がありストレートな姿勢に好感が持てます。まぁ若干もたれる感じもしますが、たまにはこういうのもいいでしょう。

 さてyoutube動画の時間です。巷ではシングル・カットされた2曲「Pensiero」「Tanta Voglia Di Lei」が人気で、これは確かに素晴らしい曲たち。しかしここは敢えて他の曲にスポットを当ててみたいと思います。

Il Primo E L’ultimo Uomo
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イタリアプログレ