PAGES/PAGES

PAGES/PAGES
1978年 アメリカ
『トロトロでもストリングスが控えめで、すっきり』

 2016年はAOR40周年だったのですね。ソニーから「AOR CITY 1000」というシリーズで廉価盤が続々リリースされています。70年代の名作ばかり追いかけていたので、AORは少々疎い私。いくつか購入したものの感想を書いていこうと思います。
img_1.jpg

 今回はペイジズのファースト。以前入手した記憶があったのですが、見当たりません。また金欠の時に売ってしまったパターンか?そう結論付けて再購入した次第。そろそろCD棚を整理する時期が来たようです。

 ペイジズはリチャード・ペイジ(vo)とスティーヴ・ジョージ(key)を中心とするグループ。彼らは作曲家コンビであるとともに、ヴォーカル・ユニットとしても活動。美しいコーラスで当時のアメリカ発のロック、ポップス作品を彩っていました。

 プロデューサーにはボビー・コロンビー。元ブラッド・スウェット&ティアーズにして、後のコロンビア・レコード副社長でもある才能ある人物です。ペイジズの他に、ジャコ・パストリアスやリチャード・マークスなどのアルバムを手掛けています。ペイジスは鍵盤入りの5人編成ですが、このデビュー作にはブレッカー兄弟やスティーヴ・フォアマン、デイヴ・グルーシンなど、腕利きのミュージシャンが参加。
 
改めて聴くとそれほどAOR然としておらず、爽やかなプログレッシヴ・ロックという印象。スティクスがグッとクロスオーバーに寄ったかような、洗練されたポップスが楽しめます。爽やかな高音ヴォーカルが素晴らしい。そして甘いコーラスは70年代ソウルを彷彿とさせるまったり加減。多くの楽器が入っているのにそれぞれとても穏やかな演奏で調和しているのもポイントです。

LET IT GO

スティーヴ・ジョージがヴォーカルを取った曲。柔らかくてメロウなミドル・ナンバー。これだけトロトロでもストリングスがほとんど無いので、すっきり。そこが素晴らしい。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップスAOR

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する