TWEEDEES/ The Second Time Around

TWEEDEES/ The Second Time Around
2016年 日本
『まだまだシティ・ポップその1』

 TWEEDEESはパワフル且つキュートな歌声が魅力の清浦夏実、元シンバルスの沖井礼二の二人によるバンド。本作はセカンド・アルバムとなります。ファーストは良かったのですが(過去記事でチラッと紹介した気がします)、元シンバルスの~という冠を色濃く感じるアルバムでありました。ひるがえって本作セカンドはヴォーカルの清浦夏実がプロジェクトの片割れとして、存在感を高めており新鮮な魅力を発揮。いいですね。
TWEEDEES - The Second Time Around

 落ち着いた曲調が増えたことが一番の変化。序盤のファスト・チューンの連発を過ぎると、キャロル・キングなど、ソウルを下敷きにしたアメリカのSSW作品のような、ゆったりとした空気が流れる曲が続き、初めは「あれ、こんなんだったっけ。」と面食らいました。ふと昔お気に入りだったフルカワモモコを思い出しました。(今どうしているのだろう)

 ゴールデン・ポップスを下敷きにした打ち込みを交えたシティ・ポップの王道作です。跳ねるベース、ファスト・チューンでギュイーンと唸るギター、ズバンと耳に入ってくる力強さとバリエーション豊かな表現力を持つ歌声、そして溌剌としていてキラキラしたアレンジ、全て心地よい。
 
 去年まであったシティ・ポップ再評価の波は静まりつつある今日この頃。(波が早くて恐ろしいなー)それでもTWEEDEESには昔からある心地よい音楽を継承していってほしいと思いました。

BABY, BABY

 16拍子のファスト・チューン。これがアルバムの宣伝の役割を果たすリード・トラックとして公開されることで、従来のシンバルス・ファンに「そういうアルバムか!」と期待をさせてしまった部分はあると思います。いい曲!

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する