山田稔明/pale/みずいろの時代

山田稔明/pale/みずいろの時代
2016年 日本
『安定の未発表曲集』

 山田稔明の新作が再び登場。一度気に入ったミュージシャンならば、そのまま新作を追いかけているのですが、彼の場合はかなりハイペース。これまでの記事はこちら。年1枚でリリースしてくれています。どうやら今回は過去の未発表曲を録音し直したアルバムとのこと。
20160619191751.jpg

 アレンジではキーボードが目立つ印象。センチメンタルを強調しているのかもしれません。ドラム、ギターなど一通り音は重ねられていますが近作に比べれば素朴。キャリア初期の楽曲を多く含んでいる故か、ポスト・ロック的な浮遊感がある曲など新鮮なアプローチも感じられます。とは言え、甘く爽やかでドラマティックなポップ・ソングという普遍的な魅力は健在です。多彩なゲストが参加しているのですが、内省的な曲が続くせいか、宅録っぽい雰囲気になっているのが特徴。

 改めて山田稔明節は完成されているな、と感じました。安心して聴けます。掘り出し音源だけに目立った新機軸が無いことも影響しているのでしょう。これはこれで素晴らしいのですが、強力なエゴを持ったプロデューサーを起用するか、もしくはもう一度グループで活動(再結成ならベスト)してくれれば、また違う素晴らしさが浮き出てくるのではないか、とも感じました。まだまだ楽しみなミュージシャンです。好きだからこそ、もう少し多くの人に聴かれてもいいのではないか、という気持ちです。

 前述した通り、このアルバムは内省的な曲が多いのですが、キラキラのキーボードが大活躍するこの曲は開放的。初期Gomes the hitman時代を彷彿とさせる青さがいいです。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本SSWポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する