門あさ美/ FASCINATION

門あさ美/ FASCINATION
1979年 日本
『リバーヴで甘く仕上げたセクシーなシティ・ポップ』

 「ポプコン1stアルバム」というシリーズでの廉価盤再発がされた門あさ美のアルバムを購入しました。ポプコンは70年代、プロへの登竜門となった音楽コンテストで、中島みゆきや世良公則&ツイスト、佐野元春、長渕剛、円広志、チャゲ&飛鳥など多くのミュージシャンを輩出しています。若者の音楽文化に大きな影響を与えていたのでしょう。残念ながら世代的にあまりポプコンを意識出来なかったのですが、この機会に一枚買ってみようと思い立ち、今回は見開きのジャケが素敵だった門あさ美のアルバムを選んでみました。何度もCD化がされているようで、人気盤であることが伺えます。
kado.jpg

 本作は門あさ美が24歳の時にデビュー作としてリリースしたアルバム。インストを覗く8曲の作曲を自身が担当しています。編曲に戸塚 修、鈴木 茂、松任谷正隆、エンジニアに吉野金次がそれぞれ参加しており、ポプコンの主催であるヤマハからのバックアップは万全。

 音楽性はAORを通過したシティ・ポップで、華麗なメロディーが印象的。アンニュイな歌声と色っぽい歌詞の相乗効果もあり、とても大人でおしゃれな音楽に感じられます。全編リバーヴでトロトロに仕上げられているので、甘さ倍増。粒ぞろいに素晴らしい彼女自身の楽曲群のみならず、何故か女性歌手のデビュー作なのに収録されている、インスト曲「South Shore」の爽快なトロピカル加減も素晴らしい。

FASCINATION

ライブ活動はしない、テレビにも出ないと露出を避けていたという門あさ美。しかしyoutubeで検索したら映像が出てきてしまいました。まぁよく見たら明らかに映像と音(アルバムの音源です)が違うのですが・・・。歌っているのは本人でしょう。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本SSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する