TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT

TOMMOROW’S GIFT/ TOMMOROW’S GIFT
1970年 ドイツ
『ジャーマン・ハードの知られざる名作』

 今から15年くらい前のこと。私は70年代ブリティッシュ・ロックの名作は全て聴き終えてしまった、と嘆いていた。実際はまだ聴いたことのないアルバムが沢山あったのだけれども。次はどうしよう、という時にMSIがリリースしてくれたのがジャーマン・ハード・ロックの名作群。その頃、ドイツのセカンド・バトルというレーベルが70年代のドイツ産ハード・ロックを大量に再発してくれており、それをMSIが解説を付けて発売していたのだ。暗くドロドロとしたサイケデリック且つブルージーなジャーマン・ハードの魅力にハマり、それらMSIのカタログは制覇。「もっとだ、もっとジャーマン・ハードをくれ!」という欲求により、今度はMSIがチョイスしなかったセカンド・バトルのカタログにも目を付けることに。当然、残念なアルバムも多かったもののその中でお宝もあった訳です。それがトゥモローズ・ギフト。今日、ご紹介するアルバムです。
tomorrows.jpg

 トゥモローズ・ギフトはオルガン&メロトロン、フルート、女性ヴォーカルを含むドイツのハード・ロック・グループ。2管登場(一部楽曲のみ)して絡み合うフルート、リフを延々と紡いでいく70年代ハードの流れを踏襲したソリッドなギター、ドタバタと暴れるドラム、煙たいオルガン、シリアスな女性ヴォーカルによる白熱のバンド・アンサンブルがかっこいい。3分以下の短い曲と8分以上の長い曲が混在しており、目玉はやはり長尺曲。楽曲というよりも、各パートがせめぎ合うインプロヴィゼーション中心の内容ながら、高いテンションで一気に聴かせます。

 長らく入手困難だった本作ですが、2016年に遂に再度のCD化が実現。ロング・ヘアーよりボートラ追加でリリースされています。おすすめ。ちなみにセカンドもあるのですが、どんな内容だったか覚えていないので・・・お察しください。

Riddle In A Swamp

フルート大活躍のオープニング・ナンバー。若さみなぎる前のめりなイントロが素晴らしい。女性ヴォーカルのハッタリ具合もポイント。ブラック・サバスとジェスロ・タルを足したような瞬間もあり。英ハードで言えば、ベイブ・ルースとかが好きなら絶対ハマるはず。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ ドイツHR/HMプログレ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する