港ハイライト/抱かれたい女

港ハイライト/抱かれたい女
2016年 日本
『秋の夜長に良い音楽』

 ノラオンナが組んだグループ、港ハイライトのアルバムがリリースされました。ドラム、ベース、ヴォーカル&ウクレレというトリオに、助っ人として古川麦が参加しています。彼はオルガン、トランペット、ヴォーカル、ギターと多彩な楽器を操り、アルバムを鮮やかに彩っています。ノラオンナについては以前、新作を取り上げているのでそちらも併せてお読みください。→こちら
CpBDT8-UsAQZb9N.jpg

 コンセプトはシャンソン、ジャズ・ヴォーカル、ブルースを基調とした夜の酒場音楽。時にサイケデリックだったりしますが、一貫して気だるく淡い空気感が流れており、アルコールを飲みながら微睡むのに、絶好の音楽でしょう。歌唱、バンドの演奏は共にリラックスしています。ノラオンナのハスキー・ボイスとも相性抜群の方向性だと思います。古川麦が様々な楽器を持ち替えることにより、1曲毎に表情がコロコロ変わるのもポイント。

「抱かれたい女 」

 最近、布団から出るのが億劫です。これを聴くともう一度布団にもぐりたくなってきます。葛藤しているうちに、そろそろ家を出る時間。今日も仕事に行ってこよう。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本SSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する