Metronomy/ Summer 08

Metronomy/ Summer 08
2016年 イギリス
『もう秋だね』

 という見出しを付けたのに公開した今日はもう冬まじかですね。

 本日は一風変わったエレクトロ・ポップ・グループ、メトロノミーの最新作を聴きます。

 ロンドン出身の4人組バンド、メトロノミー。結成は2006年で、当初はトリオ編成でした。サードからキーボード、サックス担当のメンバーを含む現在の編成へと変わっています。初期にはインスト中心の硬派なエレクトロ・サウンドを指向。音楽性は常に変化しており、今回のアルバムでは、ニューウェイヴ、ファンク、ソウルを吸収した、スペーシーでやや変態的なポップ・ミュージックをやっています。タイトル通り初期のインスト重視指向に回帰した部分もあり、ビートによるグルーヴ感が強調されているところもポイント。
4a86adc8.jpg

 ソウル、ファンクの要素は強くなっていますが、イギリスらしい暗く叙情的なメロディーは健在。バグルスのような煮え切らないポップさは癖になります。生演奏に拘る姿勢も素晴らしく、タイトなアンサンブルが楽しめます。一方でちょっと統率が取れ過ぎて、バンドっぽさという点では今一つかもしれません。アルバムではリーダーであるジョセフ・マウントのワンマン振りがハッキリ表れているということでしょう。

「Night Owl」

 夏に聴くにはもってこいの気怠くクールな音楽。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する