never young beach/fam fam

never young beach/fam fam
2016年6月 日本
『盆踊りを思わせる、ダンス・ビートが開放的で気持ちいい』

 細野晴臣を彷彿とさせるトロピカルな日本語ロック、
サイケデリック・フォークをやっている若手グループによるセカンド・アルバムです。
前作もチェックはしているのですが、イマイチはまらず。
友人がオススメしてくれたのもあり、再度本作で入門してみたいと思います。

 ファーストの時には、はっぴえんどが引き合いに出されており、
それとは異なる浮遊感あるサイケデリック・サウンドに戸惑ってしまいましたが、
今回はスムーズに音楽に没入できました。

 盆踊りを思わせる、ダンス・ビートが開放的で気持ちいい。
前作ほどサイケデリック感は無く、ビート、グルーヴが強化されています。
ジャムっぽいリラックスしたバンド・アンサンブルも印象的。
歯切れのよいカッティング・ギターが素晴らしい。
famfam__.jpg

 くたびれた感じが細野晴臣を彷彿とさせるヴォーカルは味があります。
古き良き日本語ロックの影響を感じさせるノスタルジックな歌詞もいいです。
ただ、声量が足らず、パワフルなバンド演奏の後ろに隠れてしまうのが玉にキズ。
(ミックスで後ろにひっこめているだけかな)
ロック色が強くなった本作では、感情の起伏が乏しい点も気になってしまうところ。

高田渡のカバー「自転車に乗って」はダンサフルにアレンジされており、
彼らの個性が発揮されています。


never young beach - なんもない日

前作の路線を踏襲したサイケデリックなレゲエ・ナンバー。
川釣りいいなぁ。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する