スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

She’s Pippi/ She’s Pippi

She’s Pippi/ She’s Pippi
2003年 日本
『切っ掛けが思い出せない』
 もう10年以上前にミディ・クリエイティヴからリリースされていたJPOPのCD。
これを何故欲しいと思っていたのか。
確か、好きなミュージシャンが彼女達の音源をカバーしていたのを聴いて、メモしていたのだと思う。
そしてウォント・リストに残ること、1年以上。
今、そのきっかけとなるカバーがどんなものだったのか、
思い出せないまま縁あってCDは手に入った。
うーん、誰がカバーしたのだっけ。
51+vU6gwY6L__SL500_SX355_.jpg

 発売当時の宣伝文によると、京都出身のサイケデリック・トイ・ポップ・バンドとのこと。
4人編成。
1998年に結成され、本作を残して活動を休止している模様。
全15曲の中にはオリジナルの他、シド・バレットとトッド・ラングレンのカバーが含まれています。
トッド・ラングレンの有名曲「I Saw The Light」はともかく、
シド・バレットはなかなかカバーするバンドが現れないので新鮮。

 聴いてみての感想。
ピッピというポップな名前に油断していました。
シド・バレットをカバーするのも納得のドロドロなサイケ・ポップをやっています。
掻き鳴らすギターはシタールっぽい。
ポコポコのパーカッションを始めとするずっしりと響くリズム隊、
呪術的なムードを高めるシンセサイザーも加わり、雰囲気満点。
クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンを彷彿とさせる、
熱気ムンムンのサイケデリック・サウンドがある一方で、
浮遊するホワホワしたヴォーカルの脱力した魅力を前面に出したビートリッシュなポップ・ナンバーもあり。
バラエティに富んだ楽曲群で飽きずに一気に聴けました。

 2曲のカバーはともに日本語詞が付けられており、完成度が高いです。
シド・バレットの「Late Night」はオリジナルに比べると、
随分レゲエチックでのどかになっていますが、これはこれでドリーミー。

 60年代サイケポップと比べるとブッ飛んだ感性という点が見当たりません。
しかしながら2000年代の邦楽というフィルターを通したマイルドなサイケデリック・ポップ、
これも素晴らしい味わいでありました。
切っ掛けが思い出せないのが心残りですが、出会いに感謝。

I Saw The Light / She's Pippi

唯一、見つかった曲はやはりこの曲。
トッド・ラングレンのオリジナルはこちら
まるで渋谷系の如き、おしゃれなアレンジ。
ヴォーカルに掛かったエコーがまったりとした雰囲気を醸し出しています。



もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。