IVAN FISCHER/BRAHMS:HUNGARIAN DANCES

IVAN FISCHER/BRAHMS:HUNGARIAN DANCES
1998年 イタリア
『鬼軍曹、恐るべし』
 クラシックは少しずつ、曲毎の名演を集めています。
そんな中、ブラームスは本作で3枚目となります。
ブラームスの前回の記事はこちら
 それにしても本作のジャケは愉快。これはレコードでも映えそうです。
1998年でも素晴らしいジャケット・デザインはあるのだな、と感心しました。
41S8HRC9BGL.jpg

(本来は見開きジャケ)

ハンガリー舞曲集:ハンガリーのジプシー音楽をもとにピアノ用に編曲したもの。
もともとは、1853年にドイツ巡業中、
行動を共にしていたヴァイオリニストのレメーニが当時流行していた
ジプシー音楽に興味を抱いたのがきっかけとのことです。
民族音楽に新しい息吹を、という手法は今でも試みられるものですね。
この試みは大成功したのですが、その一方で民族音楽をもとにしたことが原因で、
作曲などの権利でかなりゴタゴタしました。
裁判も行われたとのこと。尚、本作に収録されているハンガリー舞曲集には、
ブラームスが編纂したものに加えて、ドヴォルザークが編曲したものなども加わっており、
時代を通じて内容が更新されていることが実感出来ます。

本作について:演奏はブタペスト祝祭管弦楽団。
録音当時はハンガリーを代表する新世代のオーケストラでした。
指揮者フィッシャーは解説を全曲分付けてくれており、
ハンガリー舞曲集に新しい解釈を加えようとしている意気が感じられます。

 残念ながらわたしは本作でハンガリー舞曲集に触れることになったので、
進化の具合が実感出来ませんでした。
こちらでは元々、ピアノ曲として発表されたものを管弦楽としてリアレンジされています。
起伏が激しくジプシー音楽としての勇壮さ、華麗さが実感出来る一方で、
ブラームスらしいセンチメンタルなメロディーも共存。
演奏はヴァイオリンのきびきびした調べが印象的です。
全体的に躍動するリズムが強調されており、
ビシバシ来るなぁ、と思っていたら指揮者のフィッシャーは鬼軍曹と呼ばれているのだそうで。納得。
改めてジャケを見るとこわい。

第5番のところでだけ「あっ、これ知ってる」ってなりました。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ ハンガリークラシック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する