ロックの50年、究極の500枚

最強版 ロックの50年、究極の500枚 シンコーミュージック
2012年 263p
『1年毎の丁寧な歴史検証が便利』

 実は2000年代のロックについて、あまり愛着が無い。
一応代表作らしいものはまんべんなく聴いてはいますが、深く浸透していかないです。
この本は、そんな自分が客観的に俯瞰でロック史を見直せるのでは、と思って購入しました。

 500枚と銘打たれており、タイトルからはガイド本としての印象が強い。
ただしどちらかといえば、歴史の流れを解説している部分が主役。
各年代のトピックが分かりやすくまとめられています。
クロスビートが編集しているだけに、90年代以降の記事は特に説得力があり。

 こういった本を作る場合、ロックとは何か、という定義が重要になってきます。
別に大上段で断定する必要はないけれども、ある程度「編集の方針」として示してもらえないと
価値観を共有できずデータとして使えないのです。
そういう意味でこの本はちょっと不備があります。
ソウルであるはずのマーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーを入れるのならば、
(すなわちポップスを吸収したニュー・ソウルとして選ぶならば)
カーティス・メイフィールドやダニー・ハサウェイも選ぶべきだった。
(コラムで言及されていますが)
アバがポップスとして除外されているのにボブ・ディランやキャロル・キングは選ばれていたり、
とイマイチ基準が分からないのもマイナスポイント。
それからクロスビートだから仕方ないのですが
ジューダス・プリーストなどメタル系グループは、ごっそりと排除されています。
HR/HMはロックの一部であり、ニルヴァーナなどグランジ勢に与えた影響はとても大きいはず。
抜け落ちた視点を他の理屈で補っているので無理が生じている部分があります。

 ただし、最初に書いた通り1年毎の丁寧な歴史検証は読み物として充実しています。
重要な事象は漏らさず掲載されているので参考になります。
僕自身、90年代以降は勉強になりましたし、
それ以前に関しても楽しく読ませていただきました。
関連するタグ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する