辻林美穂/Clarté

辻林美穂/Clarté
2016年4月 日本
『夏にきく涼やかな女性SSW』

 レコメン系や環境音楽、
クラシックに通じるアヴァンギャルドな要素を持った鍵盤弾き語りのアコースティック音楽。
オーガニックな雰囲気も合わせてquinka with a yawnを彷彿とさせるところもあり。
これが新人女性SSWの音楽だ、ということで気になり早速チェックしてみました。
PS7VdOfK.jpg

 静岡県出身のSSW。
打ち込み主体の宅録での楽曲制作をしてきた彼女が
宅録5曲、バンド録音5曲という10曲入りのデビュー作としてリリースしたのが本作です。
タイトルはフランス語で透明という意味だそうです。

 バンド録音の方はビートが跳ねた演奏でシティ・ポップ、
打ち込みとピアノによる宅録曲は前述した通り、
少し捻くれた曲展開が織り込まれた実験的なアコースティック音楽、という二つの面を持っています。
それをAB面(まぁCDだから無いのですが)で分けるでもなく、
混ぜ合わせた構成にしているので、次の曲が予想できない面白さがあり。
デビューまでに書き溜めてきたからこそ、なのか、
爽やかで自然体なメロディーが耳に残る素晴らしい楽曲が揃っています。
今年、新人として出会ったSSW作品としては、ダントツに完成度が高いアルバムです。

 ちょっと声量が足りないかな、と思うところもありますが、女性らしい可憐な歌声も魅力的。
ライブも是非見てみたい。

辻林美穂 - あぶく

quinka with a yawnを彷彿とさせる、という文章はこの曲から連想しました。
複雑な展開なのに、優雅な聴き心地に仕上げられていて素晴らしい。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本SSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する