LESLEY DUNCAN/Moon Bathing

LESLEY DUNCAN/Moon Bathing
1975年 イギリス
『久しぶりの世界初CD化に興奮』

 キャロル・キングの影響を受けた70年代のイギリス女性シンガーと言えば、レスリー・ダンカンでしょう。
エルトン・ジョンの後押しで、彼のレーベルからデビュー。
何枚かのアルバムを残しています。
90年代にエドセル・レーベルより再発されたファースト、セカンドは
地味ながら「イギリスのアメリカ」が楽しめる好作で気に入っていました。
まさか、2016年になって日本のレーベルが世界初CD化として4枚目のアルバムをリリースしてくれるとは。
どうやらフリーソウルものとして注目を集めていたようですね。
いずれにしてもありがたい!
(飛ばしてしまった、ジャケットが素晴らしい3枚目もいつかCD化して頂ければ。)
183.jpg

 プロデュースはジミー・ホロヴィッツが担当。
リンダ・ルイスのファースト(2枚目でも3枚目でもなく、ってところがミソ)で、
アレンジを務めていた人物とのこと。
彼女の場合、初期作をエルトン・ジョンがプロデュースしていた為、路線変更をしたかったのでしょう。
レスリー・ダンカンはセカンドで『EARTH MOTHER』なんてタイトルを付けるくらい、
アーシーで渋い楽曲を作る印象があったのですが、
ここではキーボード、ストリングスがふんだんにあしらわれた洗練されたサウンドとなっています。
(一部、アーシーな曲もあり)
ソウルとフォークを融合させた爽やかな楽曲群は素晴らしく、
伸びやかで澄んだ歌声も存在感抜群。
演奏面では、英国ロック名盤の常連、
カメレオン・ギタリストことクリス・スペディングが乾いた音のギターを披露。
これはうれしい。
更に(こちらもいろんなところで大活躍)リザ・ストライクがコーラスで参加しているのもポイントです。

 1977年の『Maybe It's Lost』もCD化してくれているので、そちらも買いたいと思います。ありがたい!

 CDには歌詞対訳がありませんでした。日本盤なだけに少し残念。
ただし入っていた写真は良かったです。

I Can See Where I'm Going

本作を象徴するソウル・フォーキー。
清々しいヴォーカルがなぞるメロディーの美しさはもちろん、中盤部の流麗なギター・ソロも素晴らしい。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

#873 No title
こんにちは。

レスリー・ダンカン、丁度最近知って、気になってたんで、紹介嬉しいです。

クリス・スペディングは色んなとこで良い仕事してましたね。

で、、ジミー・ホロヴィッツは彼女のダンナ様でした?
#874 No title
yuccalina様 こんにちは
コメントありがとうございます。

レスリー・ダンカンはいいSSWですので是非聴いてみてください。

クリス・スペディングの職人振りは本当にすごい。

ジミー・ホロヴィッツはおっしゃる通り、
このとき彼女と結婚していました。
数年後、離婚して別のプロデューサー(トニー・コックス)
と結婚しています。
この辺りもアメリカの女性SSWと共通していますね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する