Eska/Eska

Eska/Eska
2015年 イギリス
「村祭りから宇宙まで、全てを包み込む」
 2015年にリリースされており、既に高評価を受けているエスカのファースト・アルバム。
そして2016年に入って遂に日本盤でも発売。
これをいい機会としてわたしもエスカに入門してみました。
(今年はP-Vineが発信する洋楽と随分、縁があります。)

 エスカはロンドン出身のSSW。ジンバブエ移民の子孫だそうです。
本作がデビュー・アルバムです。
eska_2_3278540b.jpg

 多くの人が個性的と称している彼女の音楽ですが、それも頷ける独特な音楽をやっています。
フォーキーで牧歌的なメロディはジョニ・ミッチェルの如し、
清らかで神秘的な歌唱はケイト・ブッシュ(初期)の如し、といったところでしょうか。
そこに彼女自身のルーツであるジンバブエ由来の民族音楽要素が加わっているのが特徴。
村祭りのような、土着的で気安い雰囲気が素晴らしい。
ソウルフルでもあるのですが、トラッド的。
ヴァイオリンや縦笛が鳴り響く演奏は伸び伸びとしており、大地を感じさせます。
打ち込み、レゲエ、オルガンなど様々な要素、アレンジを試みるプロデューサー気質も特徴で、
この辺りは90年代後半から様々なセッション活動での経験が生かされているのでしょう。

 総合的に見て、
ケイト・ブッシュのようなチャレンジ精神を持ったミュージシャンであることは間違いありません。
今後の活躍に期待大。

「Rock Of Ages」

 改めて聴くと高音から低音まで、伸び伸びとした歌い振りが素晴らしいです。
一応、アコギ弾き語りをベースにしているのですが、厳粛なベースがリードして、とても幻想的。
それでありながら、後ろにはハーモニカやコンガ、フルートなどが鳴っており、
室内楽の様相でリラックスした聴き心地もあり。是非一度ライブを見たい!
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスSSWフォークソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する