The Saint Johns/Dead of Night

The Saint Johns/Dead of Night
2016年3月 アメリカ

『どっしりとした安定感と、煌めいた装飾が両立』

 まるでカルフォルニア・ポップスのような爽やかな男女コーラス。
しかし、バックはドカドカのドラム、伸びやかなギターが印象的なダイナミック仕様。
まさしくアメリカン・ロックのそれです。
混ざり合う二つの要素がドラマティックなメロディーを浮かび上がらせる、個性派デュオのデビュー作。

 本作は輸入盤のディストリビューターが日本語でコメントを寄せてくれております。
そちらを参考に以下のプロフィールを書いています。
ザ・セイント・ジョンズはフロリダ出身、ジョーダン・メレディスとルイス・ジョンソンによる男女デュオです。
2008年に結成しており、当時は恋人同士だったとのこと。
音楽活動に本腰を入れるため、ニューヨーク、ナッシュビルと拠点を移し、
同時に恋人関係も終わっています。(この辺りの事情は不明)2013年にEP『Open Water』を発表。
このアルバムが評判を呼び、
可能性を感じ取ったデヴィッド・カーン(ポール・マッカートニー、ザ・ストロークス、ラナ・デル・レイ)
がプロデュースを担当し、完成したのが本作です。

the_saint_johns.jpg

 元々、デュオである彼らですが、
バンド・サウンドやストリングス・アレンジを加えた重厚なアルバムとなっています。
魅力については先に述べた通り。
センチメンタルで爽やかなメロディーを歌う二人のヴォーカルが、
ダイナミックなアレンジで浮かび上がる王道ロック作です。
どっしりとした安定感と、煌めいた装飾が両立していることにプロデューサーの手腕を感じさせます。


The Saint Johns - Lost The Feeling (Official Video)

開始5秒でボニー&クライド的な映像が・・・・・・やはり王道、
楽曲の雰囲気と合わせてMTV全盛期を彷彿とさせてくれます。
サビでの「アッアッ」という発声がセクシー。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する