スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

白波多カミン with PLACEBO FOXES/空席のサーカス

白波多カミン with PLACEBO FOXES/空席のサーカス
2016年3月
『激的変化でメジャー・デビュー』

 近年、期待していた女性SSW白波多カミンのメジャー・デビュー作が遂に到着しました。
これまでは個人名義であり、前作は弾き語りアルバムだったのですが、今回からはバンドになっています。
ただし、自身をフロントとして全面に押し出したバンド名とアルバム・ジャケットを見ると、
女性シンガーとバックバンドという風に見えてしまうのは致し方ないところ。
65581025a4057bc78020682e4c7da70c.jpg

 実は本作発表前の2月、彼らの東京でのライブに行きました。
オルタナティヴ・ロック、サイケデリック・ブルースを指向するノイジーなバンド・サウンドは新鮮で、
内向的な白波多カミンの楽曲との相性も上々でした。
中でもエフェクターを自在に操り、スペーシーな空間を生み出すギターの存在感は凄まじかった。
凄すぎて、繊細な白波多カミンの歌声が飲まれてしまう瞬間が何回かありました。
始動したばかりのバンドなので、まだまだ発展途上なのは承知の上ですが、
アルバムではどうなっているのか。
果たして。

 プロデュースはMO'SOME TONEBENDERの百々和宏が担当しており、
プロデューサーとしての初仕事だそうです。
ギター、ベース、ドラムのバンド編成にいくつかの楽曲ではゲストでキーボード、トランペットが入ります。

 訥々とした歌い振りは相変わらず。
男女間の違いに伴う有象無象をテーマとした歌詞も健在で、
純粋だからこそのあからさまなメッセージが突き刺さります。
バンド・アンサンブルは、ライブの時に感じた通り、サイケデリック・ブルース調。
それぞれ場数を踏んだ猛者が揃い、素晴らしい演奏が聴けます。
その上でヴォーカルを中心にミックスされているので、ストレスはありません。
これまで弾き語りだった世界がダイナミックに変貌していますが違和感はなし。
いくつかの曲では、
打ち込みのビートやプログラミングによるエフェクトが加えられている曲もありました。
そのような凝ったプロデュース・ワークによるものなのか、
これまで彼女の楽曲を聴くたびに感じていた歌詞から伝わる後ろめたさは薄まっています。
(同時に高円寺円盤を彷彿とさせるアングラ感も減退)
その代わりに凛とした強さ、たくましさが強調されており、
これぞ説得力のあるメジャー・デビュー作という仕上がり。

 2月のライブの話に戻ります。
その日、会場にいた客層で一番多かったのは(たまたまだったかもしれませんが)
僕と同じ30~40前後の男性客でした。
ここで自分自身が、若者らしい葛藤をさらけ出す彼女に対して、
ノスタルジーと憧憬を抱き、アイドルとして見ていたのだな、と気が付きました。
弾き語りでダイレクトに伝わって来たメッセージが、今回は轟音と共にやって来た。
僕と同じおじさんファンはどう感じているのだろう、と思いつつ、これからどんどん聴き込んでいきます。

バタフライ / 白波多カミン with Placebo Foxes

ギター・エフェクトのうねりが生かされたダイナミックなナンバー。
センチメンタルなキーボードがノイズの中で浮かび上がって美しい。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。