スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Royal Republic/Weekend Man

Royal Republic/Weekend Man
2016年2月 スウェーデン
『とことんキャッチーな北欧ロックンロール・バンド』

 跳ねるビートとシャウトするヴォーカルが気持ちいい。
シンプル且つキャッチーな、ロックンロール・サウンドが楽しめるアルバムです。

 ロイヤル・リパブリックはスウェーデン、マルメを拠点に活動するハード・ロック・バンド。
4人編成。結成は2007年でこれまで3枚のアルバムを発表しています。

今なお盛んな北欧ロックンロール・シーンより、デビューして来たグループ。
それだけに、エッジの効いたハード・ロック・サウンドで、
伝統に則った英ビートを鳴らしているのが音楽性の特徴。
今回のアルバムまでに、世界規模で支持を得ており、僕は完全に出遅れたみたいです。
royal-republic.jpg

 けれん味たっぷりのヴォーカルは、ロック・スター然としていてかっこいい。
疾走するビートを打ち付けるリズム隊、うねるようなリフを次々に被せるギター。
バンド・アンサンブルはヘヴィ且つダイナミックです。
メリハリを付けて細かく入れ替わる左右チャンネル、エコーなど、
スタジオでの編集にかなり力を入れているのも印象的。
少し臨場感は損なわれますが、ハッタリが効いていてワクワクさせるサウンドに仕上がっています。

 前述の通り、英ビート(キンクスなど)をお手本にしていますが、
それだけでなく古き良き映画音楽やスラッシュ・メタル、パンクなど様々な要素を吸収。
中でも所々で登場する北欧トラッド風のメロディーは、楽曲の魅力を高めています。
素朴でほのぼのとする味わいはもちろんのこと、
曲調がギア・チェンジするつなぎ目の役割も果たしており、曲作りの巧さに感心しきり。


「When I See You Dance With Another」

とことんシンプルなロックンロール・ナンバー。
口ひげを付けたヴォーカルは愛嬌たっぷりで憎めない魅力があり。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ スウェーデンHR/HMロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。