Eliot Sumner/Information

Eliot Sumner/Information
2016年1月 イギリス
『スティングの娘の本領』

 飛び交うシンセサイザーと性急なビートが生み出すサイバーでダークなサウンド。
ダイナミックな曲展開が素晴らしく、調べてみたところスティングの娘であることが判明。
スティングの、というよりも高音ではあるものの落ち着いた雰囲気の歌い振りに、
男であるとばかり思っていたので驚きです。
言われてみると歌声はスティングを彷彿とさせます。

 エリオット・サムナーは1990年イタリア生まれ。
現在はロンドンを拠点に活動しているSSWにしてマルチ・ミュージシャン。
15歳から曲を書き始めており、2010年(20歳)にブレイム・ココというグループでデビューしています。
レゲエからの影響が感じられるビート主体の煌びやかなダンス音楽という印象。
再生回数は90万を超えているので人気は既にあった模様です。
しかし、このグループはアルバム1枚で解消。
本作でソロ・デビューを果たすことになります。
Eliot-Sumner.jpg
母はトゥルーディー・スタイラーだけに美貌も受け継いでいます。
かっこいい!

 音楽性は、シンセサイザーと強調されたビートはブレイム・ココから引き継がれているものの、
本人のヴォーカルを筆頭にバンド・アンサンブルが力強く、ロックなサウンドへと変貌しています。
ジャンルとしてはシンセ・ポップということになるでしょう。
父の影響を感じさせる、ニュー・ウェイヴっぽい波打つシンセサイザーの旋律と
荒涼とした大地を思わせるスケールの大きなメロディー(U2っぽい)が印象的。
沈み込んでいくような暗さがありながら、キラキラとしたサウンドは
ポリスや初期のスティングが持っていたものと同じもの。

作品の素晴らしさもさることながら、
英国ロックの精神が伝承されていくことへの確かな手ごたえが感じられるロマン溢れるアルバムです。

ライブ映像を見つけたのでそちらをどうぞ。
ELIOT SUMNER - AFTER DARK (BalconyTV)

若干、曲の雰囲気とロケーションがミスマッチではありますが、素晴らしいパフォーマンスが楽しめる映像。
演奏前と後での表情の変貌には目をみはります。
本作はアイランド・レーベルからリリースされており、大手ショップで入手可能です。
日本盤発売~来日という流れにも期待。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

#831 No title
旧一呉太良さん、こんにちは。

>歌声はスティングを彷彿とさせます

噂には聴いていましたが本当にソックリですね。
顎のラインがまんま親父なので発声も似るのでしょうか。
ただポリスを聴き倒した身からするとこの声には複雑な
思いも…(親父の顔がチラつき過ぎる)。
#833 Re: No title
ハリー様 こんにちは

コメントありがとうございます。

本当にそっくり。
クールな佇まいも父親譲りですよね。

ただの2世には終わらない大物感があるので楽しみです。


> 旧一呉太良さん、こんにちは。
>
> >歌声はスティングを彷彿とさせます
>
> 噂には聴いていましたが本当にソックリですね。
> 顎のラインがまんま親父なので発声も似るのでしょうか。
> ただポリスを聴き倒した身からするとこの声には複雑な
> 思いも…(親父の顔がチラつき過ぎる)。
#844 No title
この暗い顔と、特徴的な声が頭から離れず、アルバム買ってしまいました(笑)。オッサンが小娘にやられたー。
#845 Re: No title
ハリー様 こんばんは
コメントありがとうございます。

> この暗い顔と、特徴的な声が頭から離れず、アルバム買ってしまいました(笑)。オッサンが小娘にやられたー。

おおっ、買いましたか。
確かに彼女はクールでかっこいい!
口を大きく開いて吠えるように歌う所作もイイ。

今年は一線で活躍していたミュージシャンが次々亡くなっています。
こんな時だから
彼女のように子供世代がデビューするという流れが、もっと見えれば
盛り上がる気がするのですが・・・・・・
2世ミュージシャンをいくつかまとめた記事でも書こうかな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する