Isaac Hayes/ Juicy Fruit (Disco Freak)

Isaac Hayes/ Juicy Fruit (Disco Freak)
1976年 アメリカ
『いいなー』

 『Shaft』など一連の70年代ブラック・ムービーの音楽で馴染み深かったアイザック・ヘイズですが、
その後ディスコ・ミュージックへと傾倒していたことは知りませんでした。
とっても楽しそうなジャケ(アルバムタイトル通りの)に釣られて購入。
本作はソロ名義での4枚目に当たります。
Isaac_Hayes_Juicy_Fruit_(Disco_Freak).jpg

 プロデュースは本人が担当。
演奏はムーヴメントというグループ名でクレジットされていて、
当時のアイザック・ヘイズご用達のセッション・プレイヤーが名を連ねています。
コンガや管楽器隊、バックコーラス隊など、
多数のゲストを含む豪華な布陣で製作されたアルバムのようです。

 今までダンディでクールなイメージで捉えていたのですが、
ディスコ作ということで軽やかなダンス・チューンを多く収録。
お茶目なアイザック・ヘイズを新鮮な気持ちで楽しむことが出来ました。

 群衆のSEが長々と続く導入のタイトル曲はちょっと冗長に感じてしまいましたが、
こってりと濃厚なバラード・ナンバーと、骨太でファンキーなアップ・チューンを軸とした充実した内容でした。
また、ブラスやストリングス、コーラス隊の導入の仕方が凝っており、
アレンジャーとしてのセンスの素晴らしさにも感服。
アップテンポ・ナンバーでのシンコペーションを使った畳みかけるリズムにもグイグイ引き寄せられます。

 懐の深さを感じさせる渋い低音のヴォーカルももちろん素晴らしい。
ディスコ・アルバムということで、踊れる楽しいアルバムではありますが、ダンディズムも失ってはいません。

Music To Make Love

 パキパキブイブイと強靭に唸るリズム隊と、ゴージャスな女性コーラスにハッとさせられます。
序盤、軽快で能天気なパーティ・チューンかな、
と思わせておいて沸々と燃え上がる驚異のグルーヴィー・ナンバー。
ゾーンに入ったかのように踊り狂い、変貌していく終盤が特に素晴らしい。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する