穂高亜希子/あの頃のこと/風、青空

穂高亜希子/あの頃のこと/風、青空
2015年11月 日本
『今回は「激」もちょっぴり入っています。』

 11月3日は文化の日であり、レコードの日でもあったのか。
賛同ミュージシャンがレコードを一斉に出すという試みに穂高亜希子も参加していたということで、
通販で購入してみました。
そうですよね、こういうのはきちんとショップに行って買わなければならないとは思うのですが、
近所にレコード・ショップが無いので仕方がないのです。

 一応、7インチ・シングルという体裁ですが、6曲入りのCDが付いておりミニ・アルバムとも言えます。
 穂高亜希子のプロフィールなどは過去の記事をご参照ください。

 本作では中村宗一郎が録音/ミックス、マスタリングを担当。
演奏はオルガン、エレキギターを穂高亜希子が担当。
ということで、ピアノや二胡との合奏といった
ファースト、セカンドで見せたスタイルとは異なる(弾き語りに近い)宅録作品になっています。

a25dac5bec128333567e9b9f9cd87b76.jpg

 歌声がダイレクトに伝わるすっきりとした聴き心地というのが最初の感想。
木に寄り添ったジャケットの印象もあり、
相変わらず内省的で穏やかながらも少し開けた感じを受けました。

 アレンジは変わりましたが、歌唱の魅力は不変。叙情的なメロディーに乗る、
静かな語り口ながら意志の強い言葉。
清々しく凛とした歌声。
と思っていると、終盤に挿入される「風、青空」でのエレキギター・ソロ(ディストーションあり)は、
大変ドラマティックで鳥肌が立ちました。
間違いなく中村宗一郎ワークス。
今回は「激」もちょっぴり入っています。

穂高亜希子 with 熊坂路得子 - 風、青空 (Live at 喫茶茶会記, 3 Mar 2015)

 アルバムとは編成が異なりエレキギターはありませんが、楽曲の魅力は等しく伝わるものと思います。
アコーディオンの活躍で、より情緒が深く感じられます。
それにしても一度はライブで見てみたい。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本フォークSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する