DAVID PARKER/ DAVID PARKER

DAVID PARKER/ DAVID PARKER
1971年 イギリス
『煮え切らない英SSW作』

 久しぶりに「得体の知れないミュージシャンに手を出してみよう。」と思って買ったのがこのアルバム。
SSW系のレアなアルバムを続々CD化している韓国のビッグ・ピンクからCD化された、
デヴィッド・パーカーのセカンドです。
プロデュースにハーヴェストなどで活躍していた
ジョナサン・ピールが起用されている他はクレジットが不明、という状況。
間違いなく上級者向けです。

 デヴィッド・パーカーはカントリー系のSSWで、
68年にはダイオン・パーカーとして1枚アルバムを発表しているそうです。

 帯の通り、英フォーキーがカントリー・テイストを取り入れた、という感じの内容でありますが、
アンドウェラ等に比べるとかなり地味であることは否めません。
英トラッドの峻厳とした冷たさが抜けきっておらず、カントリー要素がうまく混ざり合っていないという印象。

 メロトロンが入っている曲もあり、
当時の英ロック・アンダーグラウンドの空気感が感じ取れるのはうれしいのですけれども、
もはやそこまで。
ただし、B面はメロウな弾き語りを中心としており、かなり和めました。

 アクの強いグループを多く手掛けたジョナサン・ピールの仕事の中では、
かなり地味な部類に入ると言えましょう。
一通り、英SSWの米国憧憬ものを制覇したら検討する余地はあり。

Youtubeも見つかりませんでした。
関連するタグ イギリスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する