V.A. The End ライブ&トリビュートCD 『だってあの娘が好きって言ったんだもの』

V.A. The End ライブ&トリビュートCD 『だってあの娘が好きって言ったんだもの』
2015年夏 日本
『久しぶりに友人にCDをあげてしまった』

 ふちがみとふなとのライブで披露してくれた「こんにちはイエスタデイ」がとても素晴らしく、
それが本作に収録されているということで、帰宅後ネット検索して即注文したというCD。
飽きずに今も聴いています。
image.png

 長野で活動するフォーク・シンガー、The End。
そのプロフィールについてはこちらでまとまっていましたのでご参照ください。
(と思ったらリンクが切れていたので外しました。ごめんなさい。)

オムニバスながらThe End名義でのアルバムは本作が初めてとのこと。
本作はディスク1がThe Endのライブ盤、
ディスク2と3がトリビュート盤という仕様初めてのアルバムにしてライブ、
しかもトリビュート盤付きの3枚組という大ボリューム。
リリース元であるネオンホールから愛されているからこそ、のフォーマットだと思います。

 長野のライブハウス、ネオンホールは自身のレーベルよりコンピレーションCDをリリースしており、
自分たちのライブハウスで活躍しているミュージシャン達の音源を発信する機会としています。
(最近リリースが止まってしまっているようですが)
自分もそれを追いかけていたのですが、
そこに収録されているThe Endの音源の素晴らしさに十分気付けていませんでした。

 少ししわがれた歌声とギター、そしてハーモニカという素朴なスタイル。
あれ、これ聴いたことあるな、というのが意外に多い鼻歌、手癖を大事にした楽曲群。
そのまま使って替え歌にしている曲もあるような気もします。
「ダンボールおじさん」「チャーリー・ブラウンの死」「のびのびジーンズ工場」
「あいつの奥さん」などタイトルだけでも色々想像させてくれる歌には、
それぞれ物語があり様々な喜怒哀楽が詰まっていて、とても日常に近しい感じがします。
ここが魅力の肝でしょう。
どこかで聴いたことのあるフレーズを織り交ぜて、飄々とした歌と演奏で楽しませてくれます。
そして気が付けば自分も鼻歌を。いつか次のアルバムがあるのかな、と期待。

 尚、トリビュートである2枚のアルバムもEttやふちがみとふなと、
ラヴラヴスパークといったここでレビュー済みのミュージシャンを始め、
ネオンホールで活躍する様々な方々が参加しております。
本編のライブ盤と同等に面白い内容なのですが、そちらはまたの機会があれば記事にしたいと思います。

ロックンロール

1曲だけyoutube動画がありました。恐らく2009年の映像なのでしょう。

おまけでこちらも。

rainman × the end 引き潮

たのしそうだなー


長野中心の活動だから千葉県人の自分には難しいけれども、いつかライブが見てみたい。
尚、CDは流通が限られており、現在はネオンホールの通販で買えるようです。

※追記:めでたく全国流通が決まったみたいですね。(2016年3月23日発売)
湯浅学さんの宣伝文もアツイ!
これ読んだ後だと書き辛かっただろうな・・・・・・

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本フォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する