MARIA MULDAUR/WAITRESS IN A DONUT SHOP

MARIA MULDAUR/WAITRESS IN A DONUT SHOP
1974年 アメリカ
『ジャジーでまったりいい気分』

 これまで聴く機会が無かった、マリア・マルダーのセカンドを新名盤探検隊で購入。
別にここで書かないでもいいことなのですが、
帯の英語表記(正)MARIA MULDAURのところがRUMARIA MULDAURになっていることに気が付きました。
誤植ですよ、とそっと報告しておきましょう。
いいの、いいの、これくらい。
ただ気づいてしまったよ、ということで書いてしまいました。ごめんなさい。

 マリア・マルダーのプロフィールは少々込み入っています。
グリニッジ・ヴィレッジ出身の女性シンガー。
1960年代当時、自由奔放なライフスタイルを持つボヘミアンが集う都市と知られた土地で、
様々な芸術に触れて育ったそうです。
高校卒業後に音楽活動を開始。
オールド・タイム・ミュージック、フォークと関心を映しながら、
21歳(1964年)にはイーヴン・ダズン・ジャグ・バンドに参加します。
バンドはレコード発売を経て解散。
続いてジム・クウェスキン・ジャグ・バンドへ参加(1964年)。6年(1970年まで)の活動の後バンドは解散し、
活動を通じて結婚した夫ジェフとのデュオ、ジェフ&マリアとして2枚のアルバムを発表。
そして離婚(1972年)。
以降、1973年のファーストを皮切りにソロ・シンガーとして活動を始めることになります。
本作はファーストと並ぶ代表作として知られる、セカンド・アルバムです(リリース時31歳)。
MI0003515934.jpg

 ファーストと同じく、オールド・タイム・ミュージックをテーマにしていますが、
こちらはスウィング・ジャズを支えた名プレーヤーを多く起用しており、
1920年代を想起させるジャジーな仕上がりが特徴です。
何気なく、英フォークの首領、ジョー・ボイドが(1stに続いて)プロデュース。

甘く艶っぽい歌声は唯一無二な魅力があり。
また、ジャグ・バンドでの経験が生かされているのか、
ジャズ系、ウッドストック系、双方のプレーヤーのバンド・アンサンブルは調和が取れており、
派手なソロはありませんが酒場音楽さながらの気安い魅力がたまりません。
ジャズ・スタンダード、ソウル、ウッドストック系と幅広いレパートリーを揃えた選曲も申し分なし。
「真夜中のオアシス」だけで終わりにしたらもったいない。セカンドもおすすめです。

Sweetheart

ドーナツ・ショップで働く女の子が毎日通う男に片思い、という事実上のタイトル曲。
まぁ、おやじ殺しといっていいでしょう。
オリジナルは当時SSWとしてかつやくしていたケン・ガーバン。
ダン・ヒックスがこの曲を取り上げており、それが選曲に影響を与えたそうです。
オリジナルのヴァージョンは見つかりませんでした。(オリジナルは男目線の歌らしいので聴いてみたい)
 
 

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップス新名盤探検隊

トラックバック一覧

コメント一覧

#829 No title
「真夜中のオアシス」だけ、の状態でした。

ジャージーでいいですね。
まったりとはまさにこんな感じですなあ
#830 Re: No title
面白半分様

こんばんは
コメントありがとうございます。

> 「真夜中のオアシス」だけ、の状態でした。

僕も最近までそうでしたよー。
そんなこと言っている僕も「ドーナツショップ」までしか聴かないなんて・・・
って誰かに言われたら次のアルバムを買ってみようかなと思っています。

>
> ジャージーでいいですね。
> まったりとはまさにこんな感じですなあ
#832 No title
旧一呉太良さん、こんにちは。

まだレヴューに行き着いていませんが、知人に勧められてファーストを昨年買ったばかり。
バックのミュージシャンが渋い面子ですよね。このセカンドも買ってみようかな。
#834 Re: No title
ハリー様 こんにちは

コメントありがとうございます。

僕もファーストから聴きました。
そちらの方が溌剌としたポップさがあって聴きやすいかも。
セカンドも機会があればおすすめです。


> 旧一呉太良さん、こんにちは。
>
> まだレヴューに行き着いていませんが、知人に勧められてファーストを昨年買ったばかり。
> バックのミュージシャンが渋い面子ですよね。このセカンドも買ってみようかな。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する