Bobby Caldwell & Jack Splash/Cool Uncle

Bobby Caldwell & Jack Splash/Cool Uncle
2015年11月 アメリカ
『64歳のイメチェン』

 AORシーンを代表するSSW、ボビー・コールドウェル。御年64歳。
新作のタイトルはクール・アンクル・・・・・・自分で言ってしまうところが凄いです。
名義の通り、ジャック・スプラッシュとパートナーを組んで制作されており、
クール・アンクルは二人のプロジェクト名でもあるようです。
16e23dc1.png

 ジャック・スプラッシュはアリシア・キーズ、ジョン・レジェンドなどの作品を手掛け、
グラミー受賞歴も持つ大物プロデューサー。
本作では彼のコネクションを生かし、R&B系の新世代ミュージシャンが多数ゲスト参加しています。
主なゲストは以下。シーロー・グリーン、メイヤー・ホーソーン、
ジェシー・ウェア、デニース・ウィリアムス、エリック・ビディンズ。

 内容ですがゲストが豊富なことからも分かる通り、
プロデューサーのジャック・スプラッシュが音楽をコントロール。
ボビー・コールドウェルらしいキラキラのAORをベースとして使用しているものの、
ゲスト陣の個性は自由に発揮されているため、
コンピレーション盤のようにバラエティー豊かなアルバムになっています。

 サウンドは打ち込み主体のリズムに、
上品なストリングス、柔らかく響くピアノやシンセを加えたまろやかなもの。
ブレイクビーツも入っていたりして、正しく「クール・アンクル」。64歳でこれは若いです。

 楽曲はもちろんボビー・コールドウェルが全面的に関わっています。
近代的なアレンジや若手ミュージシャンと組むことで鮮度が抜群なことに加え、
甘いロマンチズムは健在なのでご心配なく。

Game Over (Audio) ft. Mayer Hawthorne

1曲目の歌いだしをゲストに任せてしまう余裕がかっこいい。
この曲ではタキシードで活躍しているメイヤー・ホーソーンをフューチャー。
粒子が細かいピアノ、軽やかなフルート、ストリングスに乗って、爽やかな二人のデュエットが映えます。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップスソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する