The Spitfires/Response

The Spitfires/Response
2015年8月 イギリス
『モッズ・フォロワーの最新世代』
 Spotifyっていつ日本に来るのですか?
さっさと受け入れてくれればいいのに・・・・・・という話をしたくなってしまうのは、
スピットファイアーズというバンド名を眺めていたからに違いありません。

 スピットファイアーズはイギリス、ワトフォード出身のロック・バンド。
今年デビューしたばかりの新人。キーボード入りの4人編成です。
The Spitfires

 音楽性で思い浮かべるのはズバリ、ザ・ジャム。
彼らは、モッズ・フォロワーの最新世代ということ。
なので、くぐもったヴォーカルはポール・ウェラーを彷彿とさせます。
歌唱、演奏ともに性急でエモーショナル。
しかしながらタイトでダイナミックでもあるところがミソ。
あくまでも現代的であり、
且つ初期のロンドン・パンクが持つ悪ガキ感覚をきちんと受け継いでいるのがポイントです。

 楽曲はリフを軸に据えた直線的なものばかりでなく、
緩急を考えて転調を配置したドラマティックなものが多く、聴きどころは多いです。
トランペットを導入してスカに挑戦している曲もあり、
そこではクラッシュっぽいポップさも感じさせてくれます。

 溌剌とした若さを感じさせてくれるロックをやけに新鮮に感じる・・・・・・そんな今日この頃でした。

4am

2分台に繰り出される、インスト・パートのハードボイルド振りが最高な曲。
ここで出てくるスクーターも「分かっている」感じで素敵。
塗りつぶすようなベース・ラインとピアノの転がり、
そして朗らかなトランペットの調べによって、壮大に盛り上げられています。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する