Leo & The Lineup/Hit the Streets

Leo & The Lineup/Hit the Streets
2015年11月 デンマーク
『デンマーク産最新レゲエ』

 70年代後半に起こったイギリスでのレゲエ・ブーム。
その余波はデンマークにまで及び、ファイヤー・ハウス、レイド・バックといったレゲエの名グループが誕生。
80年代以降、レゲエはデンマークの音楽シーンに於いて主要なジャンルの一つとなったのでした。
そして2015年、新たなレゲエ・グループが誕生しました。

 レオ&ザ・ラインナップは、デンマークに於けるレゲエのメッカ、コペンハーゲン出身。
スカ、ソウル、レゲエを扱うジャンルとして挙げているグループです。
彼らのfacebookは発見出来たのですが、情報が少なく余り確証のあるデータが取れませんでしたが・・・・・・
youtubeの痕跡から見て2011年頃から活動を開始しており、
2枚のアルバムをリリースしているようです。
メンバーは8人編成と大所帯で、ヴォーカル&ギターを務めるリーダー、ケヴィン・レオを筆頭に、
ギター、ベース、ハモンド・オルガン、ドラム、そして女性バック・コーラス3人という布陣。
leo_band-450.jpg

 スカ、レゲエを基盤としているものの、タイトでヘヴィなアンサンブルは完全にロックのそれ。
加えて、エモーショナルで野獣シャウトもこなすヴォーカルのケヴィンが素晴らしい。
そしてハモンド・オルガンによるピースフルな空気感、
ゴージャスなコーラスが相まってレゲエ風のロック/ポップスとして個性、質ともに際立っている存在です。

母国ではサンシャイン・レゲエと紹介されていましたが、納得の能天気さ。
でありながら、ロックンロールやゴールデン・ポップスなどの、
50年代ルーツを織り交ぜた温故知新な楽曲作りは本格派。
これはおすすめ。
「LIFE GOES BY」

女性コーラス隊はやっぱり画が映えますね。
おっさんだけの時と華やかさが段違い。
それにしても楽しそうな演奏風景。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ デンマークレゲエ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する