Emily Kinney/This Is War

Emily Kinney/This Is War
2015年10月 アメリカ
『ほどほどに、はしゃぐ温い空気感が良い』
 エミリー・キニーはネブラスカ州ウェイン出身の女優。
「あの有名な海外ドラマ」ウォーキング・デッドにもベス役で出演しているため、日本でも認知されています。
ウォーキング・デッドは見たことがありますが、彼女がどれかイマイチ思い出せません。

 本作は女優である彼女が自作自演歌手としてデビューした初のアルバム。
実を言うとyoutubeで発見した時は「かわいいガールポップが聴けそうだな。」
という軽い気持ちだったのですが、まさか女優だったとは驚きです。
emilythisis.jpg

女優の歌手デビューは珍しくありませんが自作曲で固めるというのはなかなか珍しい。


 作風は爽やかでファンタスティック。
透明感を伴うポップスをやっています。
鼻にかかった甘ったるい歌声は、なかなかに個性的。

 録音はシンセサイザー、アコギ、リズム隊といったシンプルな編成。
多くを自身で演奏しており、ルーズで気怠い雰囲気が漂うアンサンブルとなっています。

 楽曲は80年代を思い出させるものが多いのが特徴。
海外のサイトではゴーゴーズ、あるいはジェーン・ウィードリンと比較するレビューがありました。
エミリー・キニーにはゴーゴーズほどのハッピーなムードはありませんが、
ファンタスティックな雰囲気は確かに共通すると思います。

 シンプルで粗さも目立つ、加えて個性もちょっと乏しいのですが、
リラックスしきったパフォーマンスと、80年代マナーを備えたメロディーセンスには光るものがあり。
インディーならではのアンダーグラウンドなムードもたまりません。
それにかわいいですし。

This is War


さすが女優、38万回の再生は凄いです。
華やかな存在感がありますね。
振り切らずほどほどに、はしゃぐ温い空気感もなかなか新鮮。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する