The View/Ropewalk

The View/Ropewalk
2015年9月 イギリス
『ノスタルジック・モードな新作』

 6月にリリースされる、と言われていたのですが、結局リリースされたのは9月でしたね。
僕は3カ月以上聴けずにいた訳ですが・・・・・・完成度の高いアルバムで満足しております。

 ザ・ビューはスコットランドのダンディー出身、2005年に結成された4人組のロック・バンド。
本作は結成10年目に発表された5枚目のアルバム。

 21世紀以降のロックには疎い自分ですが、
このバンドはイギリス伝統の叙情、焦燥感を感じさせるサウンドがお気に入りでした。

 今回のアルバムではストロークスのアルバート・ハモンドJRがプロデュースを、
ストロークスのプロデューサーを務めているガス・オバーグがエンジニアを担当。
アルバート・ハモンドの息子がプロデューサーとして活躍していることに21世紀を感じました。

 叙情をたたえたメロディーがいつも以上に前面に出ている印象。
加えて本作ではゴールデン・ポップス風のポップさが際立っています。
全編から漂うノスタルジー。
ビートも強調されており、ダンサフルな曲が多くなっているのもポイント。

 爽やかでソフト・タッチのヴォーカルが、スマート且つシンプルなバンド・アンサンブルに乗って躍動。
どこか落ち着いた雰囲気が10年という年輪を感じさせます。
例えるならスタイル・カウンシルがビートリッシュになったような、
そんな伝統的な英ロックを楽しめるアルバムとなっています。

「Under the Rug」

 爽やかポップ・ナンバー。
サビまでのドラマティックな展開が見事で惹きつけられます。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する