Kisses/ Rest in Paradise

Kisses/ Rest in Paradise
2015年9月 アメリカ
『夏は遠い』

 浮遊するシンセサイザーと小気味よいディスコ・ビート。
そのサウンドは確かにエレクトロ・ポップの質感でありながら、とても涼やか。
ソウル、AOR由来の爽やかなメロディーは洗練されており、非常に夏を感じさせます。
(・・・・・・暖冬といいつつも、最近めっきり寒くなってきましたね。)

 キッシーズはジェシー・キベルと弟のマットの二人で結成された双子デュオ。
元々ジェシーが活動していたバンドを離れて、異なる音楽性を追及する為に生まれたグループだそうです。
しかしながら本作で3枚目。エレクトロ・ポップ・デュオとして精力的に活動しています。
KISSES.jpg

 既に述べたように、AOR要素を強めたのが本作の特徴で、
エレクトロ・ポップの心地よい気怠さと、AORの爽やかさが同居しているのが魅力。

 ギターとシンセサイザーがサウンドの肝となっており、
あくまでリラックスした演奏が繰り広げられています。
小気味よく刻まれるデジタル・ビートに合わせて、浮遊するメロディーが美しい。
中近東風のフレーズも時折顔を覗かせており、茶目っ気もたっぷり。
甘く気だるいヴォーカルは主張が強くない分、耳障りも良くビートの邪魔をしていません。

 しかしながら・・・・・・夏は遠いな。

A Groove

 折り重なるシンセサイザーと柔らかいヴォーカルが生暖かいグルーヴを生み出しています。
日本人だからか、「あっヤマハのプレイヤーなんだ。」と気が付いてしまいました。

尚彼らは日本でも人気があるグループらしく、日本盤もちゃんと出ております。


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#803 No title
それにしても毎回幅広いですね。
今年も色々お世話になりました。また来年もよろしくお願いたします。

#804 Re: No title
ローリングウエスト様

こんにちは
コメントありがとうございます。
こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。
まだまだ仕事は続いておりますが・・・・・・


> それにしても毎回幅広いですね。
> 今年も色々お世話になりました。また来年もよろしくお願いたします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する