藤原秀子/私のブルース

藤原秀子/私のブルース
1970年 日本
『これもアシッド・ジャズなのかな』

 長い間、廃盤状態になっていた藤原秀子のアルバムが遂に再発されました。
ということで、遂に我が家にも到着。
藤原秀子は五つの赤い風船のメンバーで紅一点の、女性ヴォーカリストでした。
彼女のダンディーな(という表現しか浮かばない)歌唱が
五つの赤い風船の強烈な個性に一役買っていたことは間違いありません。
本作はそんな彼女がグループ在籍中の70年に発表したアルバムとなります。

 廃盤だったとは言え、3800円くらいの若干のプレミア価格を出せば手に入った本作。
何故、購入を躊躇していたかと言えば、
タイトルにある『私のブルース』というキーワードから連想される渋い作風への懸念が原因でした。
実際聴いてみると、確かに五つの赤い風船という本体に比べれば、
スタンダードなジャズ・ヴォーカル寄りのスタイルが中心になっているため、
地味な印象は否めませんでした。
しかしながら、昭和レトロな雰囲気も含めて、迫力のある低音ヴォーカルが楽しめるアルバムで満足です。
加えて五つの赤い風船とは異なるドロドロ・サイケな要素が素晴らしい。

 ほとんどの楽曲を自身が担当しており、先述したジャズ・ヴォーカルの方向性が、
彼女のルーツであることが分かります。
アレンジにはジャックスの木田高介と、五つの赤い風船から東祥高が参加。
特にアルバムの半数のトラックに参加している木田高介のアレンジは、
ヴァイヴやオルガンを積極的に取り入れた、フュージョン~サイケ要素が強いもの。
結果、アルバムは真っ当なジャズ・ヴォーカルには終わらない、
アンダーグラウンドな雰囲気を纏った不思議な魅力を放っています。
彼の功績は大。
「ジャックス~溶け出したガラス箱」の流れとも重なる、酩酊感覚が楽しめます。

 今回の再発では7曲のボーナストラックが追加されています。
中でも目玉は「時の流れを」「青い鳥」の2曲。
貴重な未発表曲です。
藤原秀子をメインに据えたライブ音源のようですが、
どちらの曲も五つの赤い風船の延長線上にあるシリアスなフォーク・ソングという趣。
アルバムの流れとは別路線でしたが、この発掘音源はうれしいです。
(今日の動画は見つかりませんでした。)

 ダルダルに疲れ切った夜に聴くと、泥のように眠りにつけそう。
そういうアルバムだと思います。
関連するタグ 日本フォークジャズ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する