VINTAGE TROUBLE/1 Hopeful Rd.

VINTAGE TROUBLE/1 Hopeful Rd.
2015年8月 アメリカ
『ブルーノート初のロック・バンドはかなり黒い』

 当ブログのメイン記事であったはずの洋楽新譜紹介も、随分とブランクが空いてしまいました。
10月はサボりすぎました。
ここからギアを上げて紹介していこうと思います。
さて本日ご紹介するのはヴィンテージ・トラブルというグループのアルバムです。

 ヴィンテージ・トラブルはロサンゼルスで結成されました。
R&Bシンガーとして活躍していたタイ・テイラーを擁する4人組。
2012年にデビュー作『Bomb Shelter Sessions』をリリース。
その時点で英米での高評価に加えて、
日本でも輸入盤先行でヒット。
後に国内盤も発売されています。
既に昨今の洋楽シーンの状況を考えれば
破格の注目を浴びている彼ら。
何とセカンド・アルバムではブルーノートと契約。
ブルーノート初のロック・バンド(それは褒め言葉なのか)という触れ込みで、
メジャー・デビューとなりました。
日本ではユニバーサルからリリースされており、
その公式ページには「ボン・ジョヴィやストーンズの前座を務めていた」、
「ブライアン・メイが完璧なバンドと褒めたたえた」といった派手な情報が熱く散りばめられていました。
VINTAGETROUBLE.jpg


 自分は本作で初めてヴィンテージ・トラブルに触れたのですが、なるほど素晴らしい音楽でした。
まずヴォーカルが凄い。
男の色気十分で表情豊か。
加えて強靭でエネルギッシュなシャウトもこなす。
圧倒的な存在感。
この強力なソウル・シンガーの存在だけでも聴く価値ありですが、
ブルース・マナーの渋いギター、グルーヴィにうねるリズム隊によるバックも素晴らしい。
その貫禄たるや。
とてもメジャー・デビュー作とは思えない迫力があります。

 作曲はブラック・ミュージック由来を感じさせるムーディなものが多く、
ミドル〰スローのテンポの曲で特にその傾向は顕著です。
演奏面でソリッドなロックな魅力を覗かせているものの、
「ブルーノート初のロック・バンド」という触れ込みを真に受けると若干肩透かしかも。
触れ込みとは裏腹に本格派ソウル・ミュージックでした。
速弾きギター・ソロとシャウトが爆発する「Strike Your Light」
みたいな曲がもっと多ければ印象が違っていたかもしれません。
ただ大切なことはジャンル分けではなく、これが素晴らしい音楽だということ。
グループ名通り、ヴィンテージな佇まいを持った力作でした。

Strike Your Light

 彼らはライブ映像も積極的にyoutubeへ投稿してくれています。
ありがたい。
アルバム中、最もヘヴィーなこの曲をライブで聴くと、ハンブルパイ(30 days in the hole辺り)をバックにしたJBみたいですね。
ただしアルバムでは
マイケル・ボルトンとオーティスを足して割ったような(イカス!)ヴォーカル曲が中心になっていますのでご注意を。
生で見てみたいバンドです。
・・・・・・
3:50秒辺りでクネクネと踊りだすドラム。そんなお茶目なあなたに励まされました。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

#791 No title
GAOHEWGIIさん、こんにちは!

いいですね、このバンド。アフリカン・アメリカンがメンバーで今こういうロックを
演っているバンドってなかなか見当たりません。 


>ハンブルパイをバックにしたJBみたい

まさにそんな感じ。どんな音がかっこいいか「分かっている」バンドだなァ。
#792 Re: No title
ハリー様 こんばんは

このバンド、かっこいいですよね!
ただ本文でも書きましたが
セカンドではムーディーなソウルナンバーが本分なのでご注意を。
ファーストはロック寄りなので
ロック・ファンはそちらから入るのがベターかと思います。

それにしてもライブ動画がいちいちかっこいいんですよ。
このヴォーカルのパフォーマーとしての盛り上げ上手振りは凄い!


> GAOHEWGIIさん、こんにちは!
>
> いいですね、このバンド。アフリカン・アメリカンがメンバーで今こういうロックを
> 演っているバンドってなかなか見当たりません。 
>
>
> >ハンブルパイをバックにしたJBみたい
>
> まさにそんな感じ。どんな音がかっこいいか「分かっている」バンドだなァ。
#926
ここ何年かで最高のグループ!かっこよすぎ!
#927 Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

> ここ何年かで最高のグループ!かっこよすぎ!

ライブを体験すると本当にそう思いますよね!
ただ、ライブを体験してしまうと
アルバムでは、その最高さが再現されていないのを実感してしまって・・・
それは仕方のない部分もあるのですが残念でもあり。

次回作ではグルーヴ、ドライヴ感を強調した
生々しい録音と楽曲に期待したいです。

やっぱりこんな凄いグループなら、世紀の名盤を作ってほしいですよね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する