スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Twin Bandit/For You

Twin Bandit/For You
2015年6月 カナダ
『ポップスとフォークの境界線をふらふらと』

 最近、オーディオ・システムを一新するという大仕事に掛かり切りの為、
なかなか記事更新が出来ませんでした。
そちらの方はまだ完了しておりませんが目途はつきましたので、
本日以降少しずつ、記事制作を再開したいと思います。
オーディオ・システム新調の過程についても、(主に自分の為にですが)書こうと思いますので、
そちらも読んで頂ければ幸いです。

 さて再開後初となる新作がこちら。
ツイン・バンディットと名乗るフォーク・デュオによるデビュー作です。
カナダのブリティッシュ・コロンビア州、バンクーバー・イースト・サイドを拠点に活動している二人組。
ツインと名乗っておりますがハンナ・ウォーカーとジェイミー・エリオットで構成されており、双子ではありません。
twinb.jpg

 楽器は二人ともアコギを担当しており、
弾き語りによる美しいハーモニーを駆使したフォーク・ソングをやっています。
影響を受けたミュージシャン欄には
ジョン・プレイン、ダニエル・ラノワ、エミルー・ハリス、ドノヴァン、フリートウッド・マック等が並んでおり、
実際やっている音楽も伝統的なフォークを感じさせつつ、
かなりポップな味付けがされているのが特徴です。

 聴き所は二人のハーモニーでしょう。
清廉な美しさが際立っています。
また、本作ではバンド・アレンジが施されており、
煌びやかなキーボード・サウンドやスライド・ギターが幻想的なエコーを纏って、
楽曲を彩っているのもポイント。

 本格指向のフォーク・ミュージシャンが持つシリアスさは希薄。
しかしながら、躍動感とミステリアスな雰囲気は十分で、
上記リストの中から引き合いに出すなら
フリートウッド・マック(もちろんスティーヴィー・ニックス在籍期)に近いものを感じました。
デビューまでに書き溜めたであろう楽曲群はなかなかの充実振りです。

「Rosalyn」

映像でも挿入されますが、海が似合う爽やかなナンバーだと思います。
もう一曲、こちらはアルバム未収録なのですが、ベアネイキッド・レディースのカバーもどうぞ。
「Jane」

 この選曲センス・・・・・・絶妙な大衆臭さが素晴らしい。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ カナダフォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。