図書館/図書館の水源郷

図書館/図書館の水源郷
2015年7月 日本
『夏の図書館はクーラー効いてていいよね。』

 田中亜矢、近藤研二、イトケン、宮崎貴士の4名の音楽家で結成されたプロジェクト、図書館。
しばらく音沙汰が無かったので自然消滅かな、
と思っていたのですが忘れた頃に2枚目のアルバムがリリースされました。
6年振りとのこと。
セッション・プレイヤーとして活躍している近藤研二とイトケンも強力ですが、
ビートリッシュ(ポール派)でSFチックな作曲を得意とする宮崎貴士、
ウッドストック系に影響を受けたヴォーカリスト田中亜矢の二人は、
現在のところ、このプロジェクトでしか活躍を確認することが出来ません。
貴重。
前作同様、作詞には足立守正を迎えている他、細馬宏通(かえる目)も1曲でゲスト参加(作詞担当)。

 アコギ、ピアノを中心としたバンド・サウンドで、曲によってはフルートが参加。
室内楽らしさを感じさせるポップ・ミュージックが楽しめます。
シックな大貫妙子といった風情もあり。
落ち着き払った歌声から包容力を感じさせる、田中亜矢のヴォーカルは相変わらず素晴らしい。

 楽曲群に共通する童話のような世界観は宮崎貴士の得意とするところ。
涼しげなアルバム・ジャケットの如く、爽やかな聴き心地です。
欲を言えば7曲という分量は少ないです。
ベテラン4人が集まるのもなかなか大変なのかもしれません。
いつか聴けるサード・アルバムを楽しみに待ちたいと思います。

「最終電車」


 アコギとピアノが絡み合って紡がれるメロディーがとても美しい。
終電でこんな穏やかな気持ちになれたら素敵なのですが、実際は色々と難しいですね。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#755 No title
最近は邦楽の深い井戸を掘り続けておりますね。また暑さがぶり返しました。お盆はどこにも出かけず家に引きこもっております。はどこにも出かけず家に引きこもっております。こんな暑い時に渋滞に出かけなくても・・、なにか優越感を感じますね~(笑)
久しぶりに登山記事を公開いたしました。宮崎県山奥に鎮座する「大崩山」(九州・最難関峰)、過去登った150以上の全国200名山の中でも間違いなく5本の指に入る名峰でした
#756 Re: No title
RW様 こんばんは

>お盆はどこにも出かけず家に引きこもっております。
いいですね。僕はずっと仕事しております。
邦楽ばっかりの記事なのは実はストックを切り崩しているからなのです。

次の休みは何か書こう!

> 最近は邦楽の深い井戸を掘り続けておりますね。また暑さがぶり返しました。お盆はどこにも出かけず家に引きこもっております。はどこにも出かけず家に引きこもっております。こんな暑い時に渋滞に出かけなくても・・、なにか優越感を感じますね~(笑)
> 久しぶりに登山記事を公開いたしました。宮崎県山奥に鎮座する「大崩山」(九州・最難関峰)、過去登った150以上の全国200名山の中でも間違いなく5本の指に入る名峰でした

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する