ラッキーオールドサン/ラッキーオールドサン

ラッキーオールドサン/ラッキーオールドサン
2015年7月 日本
『本年度を代表する新人若年寄デュオ』

 ちょこっと試聴して「おっ、これはいいフォーク・デュオだな。」と思って購入した次第。

 ラッキーオールドサンは大学生の男女二人によるデュオ。
スタンダードとして知られる「ラッキーオールドサン」から名前を取ったという経緯が渋い。
本作がファースト・アルバム。デュオではありますが、
彼ら二人のギター&ヴォーカルに加えてリズム隊、
バンジョー、トランペット、ヴァイオリン、
ビブラスラップ(わんわんわんさんにこの間教えていただいた楽器ですね)、
タンバリンと多彩なスタジオ・ミュージシャンを起用しています。

 ルーツとしてカントリー、もしくはそれを基盤としたカントリー・ロックをお手本としている印象。
となるとハンバート・ハンバートやビューティフル・ハミングバードなどが思い出されますが、
それらほどトラッド寄りではなく緩く脱力しています。
キッチンが近いかもしれません。
また(自分としてはフォーク・デュオと思っていたのですが)ポップ・デュオと名乗っているだけに、
アルバム全体を俯瞰するとカントリー寄りな曲ばかりでなく、
渋谷系っぽいギター・ポップやソウルを下敷きにした曲もちらほらとあり。
ただ、それらの曲にも、古き良きアメリカへの憧れが芯として通っている感じがします。

 一部アレンジが異なる曲もありますが、
ほのぼのとしたカントリー・ロック調のアンサンブルこそが彼らの真骨頂でしょう。
ただ、二人以外のスタジオ・ミュージシャン達が大人しすぎるのが気がかりではありました。
看板となる女性ヴォーカルは脱力した歌声でリラックスさせてくれます。
そして、彼女だけの歌声では表情の変化が乏しくなってしまうところを、
温かみのある男性ヴォーカルがカバー。

 はっぴいえんどや松本隆辺りの影響が濃い歌詞も青春っぽくていいです。

坂の多い街と退屈


 ライブ映像が公開されていました。
うーむ、これを観る限りでは・・・・・・
大学生デュオらしい初々しいライブですね。

こういったフォーク・ナンバーで歌詞が聞き取れないのは厳しい。
※録音環境によるものかもしれません。

まだ始まったばかり。応援しています。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本フォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する