鳥井さきこ/見つめる女

鳥井さきこ/見つめる女
2015年5月 日本
『前作と少しだけ違う新作』

 静岡出身フォーク系ギター弾き語りSSWの4枚目。
近作では温かみがありつつ、世間を斜めに見る歌詞と、
アメリカ民謡の流れをそのまま受け継いだメロディー、更には節回しが
高田渡を彷彿とさせる彼女。
いや彷彿とさせるというよりも作風が近づいてきたという感じでしょうか。
今、公式HPを覗いたらやはりそのことはプロフィールでも指摘されていて、
やっぱり皆そう思っているのだな、と分かりました。
近年はピアニスト渋谷毅との共演もしていたそうです。凄い。

 今回もギター弾き語りを中心としたシンプルな内容。
15曲も収録されているのがうれしい。
ラスト2曲にのみ、前述した渋谷毅が参加しています。

(「ごあいさつ」をオマージュした「社交辞令」を筆頭に)前作より更に高田渡っぽくなっているな。
「更に」。
と思っていたら、「夕暮れ」のカバーまで飛び出してきました。
高田渡がレパートリーにしていた朝比奈逸人の「トンネルの唄」もやっている他、
トラッド「The Water Is Wide」を日本語詞で
やっており、(あぁ、カラー・ボノフがやっていたやつね!
ところがそれだけではなく、これNHK連続TV小説『マッサン』の挿入歌だったのですか。
観ていなかったので知りませんでした。)
合計3曲をカバー。
丁寧に歌われており、素晴らしい。

 メッセージとして言いたいことを言っている一方で、あくまでも語り口は優しく控えめ。
この女性らしさこそが鳥井さきこならではの魅力でしょう。
例えば、好きと「言ってみようよ」というシンプルでまっすぐなメッセージを堂々と歌う朗らかさ、とか。
後はレッド・ベリー、ディランから高田渡。高田渡から鳥井さきこってことで良いのではないでしょうか。
また数年後、少し違うアルバムを届けてくれることでしょう。
そのうち、演奏を聴いてみたいのですが、静岡中心の活動でなかなかチャンスに巡り合いません。
いつかは。

「夕暮れ」「あの子とこの子」「社交辞令」


2013年のライブですが、その時点で今回のアルバムの曲を3つ続けてやっていたのですね。
「あの子とこの子」は姉妹の親目線の歌なのかな。
自分は長男なので比べられるのがしんどかったことを思い出しました。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本フォークSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する