Simi Stone/ Simi Stone

Simi Stone/ Simi Stone
2015年6月 アメリカ
『ローラ・ニーロを引き合いに出すだけのことはある』

 おっ、久しぶりに素晴らしいソウル系女性SSWを発見!
そこへ来て、
「彼女の曲はローラ・ニーロの『New York Tendaberry』に於ける
「Stoned Soul Picnic」を現代に更新したかのようだ!」
Folkradiouk.co.uk)などと書かれた日には・・・・・・確かめるしかないでしょう。

 シミ・ストーンは生まれも育ちもウッドストック。
プロフィールによるとウッドストックのマジックが彼女の血に宿っているそうです。(こういうハッタリ大好き)
ヴォーカルはもちろん、ギター、ピアノ、ヴァイオリンとマルチ・プレイヤーとして活躍。
デビュー前にセッション・プレイヤーとして様々なミュージシャンのツアーに帯同しており、
当ブログで紹介したサイモン・フェリスもリストに含まれていました。(レーベル・メイトのようです)
はっきりとした記述は無いものの、本作はデビュー作と思われます。
SIMI.png


 彼女の他にバンド・メンバーが4人参加しています。
まずプロデューサー(兼キーボード・プレイヤー)には
レニー・クラヴィッツやマイケル・ジャクソンなどの
仕事に携わった経験もあるというデヴィッド・バロンを迎えています。
ベースにはロバート・フリップに見いだされたというセッション・プレイヤー、サラ・リー。
ドラムにはデヴィッド・ボウイやビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーン
といった錚々たるミュージシャンのツアーに帯同した経験があるというザック・アルフォード。
彼は漫画家でもあるそうです。
ギターのゲイル・アン・ドーシーも、
オリビア・ニュートン・ジョンやティアーズ・フォー・フィアーズなどのツアーに帯同した経験があり。
女3:男2という比率の華やかさはもちろんのこと、
加えてスーパーなキャリアを持つバンドのようです。

 音楽性ですが、都会的なソウルフルなポップスをやっており、
前述のローラ・ニーロの例えが大いに頷ける代物。
鍵盤入りのバンド・サウンドに曲によってはブラスが入るという布陣で録音されています。
ソウルはもちろんですが、フォーク、アンビエントの要素も加わっており、ソウル特有のこってり加減は控えめ。
イギリスでの評価の高さ(本作の原盤はイギリスです)も頷ける洗練された音楽性を持っています。

 パワフルなだけでなく溌剌とした若さも感じさせるシミの歌声は素晴らしい。
自身の音楽を「マウンテン・モータウン」と標榜している彼女ですが、
その言葉通り、(SSWの息吹と言う意味での)ウッドストックとモータウンが
一度に楽しめるかのようなバラエティ豊かな楽曲が並んでいます。

Got It All

 アルバム中でもかなりフォーク寄りな曲です。
付け焼刃とは思えないトライバルな響きを持つ、リフレインが素晴らしい。

Good Friend


こちらはグッとソウルフル。
ビートルズがやりそうな感じ。
粘り気のある、まったりしたポップネスが素晴らしい。

輸入盤が大手ショップで流通しています。
久しぶりに凄い新人を紹介できてうれしい限り。
おすすめです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカSSWソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

#741 No title
GAOHEWGII様、こんばんは。

確かに、UKで受けそうな洗練された曲調ですね!
こってりしてないからとても聴きやすいですし。

他の曲も色々聴いてみましたが、音楽性は幅広いですね。
変に古来からのマナーに頼らない現代っぽさと、
メロディの切なさがじわじわと染み渡ります。

「Got It All」の切ないメロディがツボにハマリました。
ここまでメロの切なさを強調してくると、弱い。
リフレインと民族っぽい要素(?)もたまらないです。
#742 Re: No title

Choco16様 こんばんは

コメントありがとうございます。

他の曲も聴いてみましたか。
実際、ライブ映像にもいいものがあり、
どの曲を載せようか悩みました。

「Got It All」だけだとフォーク・シンガーと言っても通りそうですし。

UKソウルほどさっぱりしてはいませんが
十分な洗練を感じさせます。

> GAOHEWGII様、こんばんは。
>
> 確かに、UKで受けそうな洗練された曲調ですね!
> こってりしてないからとても聴きやすいですし。
>
> 他の曲も色々聴いてみましたが、音楽性は幅広いですね。
> 変に古来からのマナーに頼らない現代っぽさと、
> メロディの切なさがじわじわと染み渡ります。
>
> 「Got It All」の切ないメロディがツボにハマリました。
> ここまでメロの切なさを強調してくると、弱い。
> リフレインと民族っぽい要素(?)もたまらないです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する