Milky Wimpshake/Encore, Un Effort!

Milky Wimpshake/Encore, Un Effort!
2015年4月 イギリス
『パンクが好きでもそうでなくとも』

 ちょっと調子っぱずれでダルダルな男女混声ヴォーカル、
単純なコードを繰り返すギターを中心に、背伸びをしていない演奏陣。
でもとってもキャッチー。そしてメロディーには哀愁があり。
いいパンク・バンド、見つけました。

 ニューカッスル・アポン・タイン出身のピート・デールが90年代から続けているプロジェクト。
それが今回ご紹介するミルキー・ウィンプシェイクです。
94年から活動を続けているベテランで、今作は7枚目のアルバム。
本作より新メンバーとして、
ソフィー・エヴァンス(10代のピチピチギャル)をヴォーカルとして迎えています。
milkyw.jpg

 メンバー構成はトリオ+女性ヴォーカルという布陣。
インディー・ポップを得意とするイギリスのレーベル、フォーチュナ・ポップからリリースされており、
先述したように脱力した演奏によって繰り出される、
キャッチーで哀愁を秘めたメロディーが魅力の要となっています。
パンクはオリジネーター周辺しかほとんど聴いていないので、
詳しく解説は出来ませんが、個人的にはクラッシュ、バズコックス辺りの影響を感じました。
加えてヴェルヴェッツ経由でのオルタナっぽいダークさ、気怠さを兼ね備えているのがポイント。

 素人っぽさを存分に感じさせながらお気軽な雰囲気を漂わせる
ソフィーのヴォーカルが不安定ながら面白い。
一方、演奏はローファイな音質に惑わされがちですが、
敢えて粗さを出しつつコンパクトにまとまっており、安定感抜群。

 こんなグループが居たとは全く知りませんでした。
他のアルバムも折に触れて集めていきたい、と思うくらいの好感触。

 今回のアルバムはレコード・ストア・デイでの限定でアナログを発売した以外では、
ダウンロードでしか入手出来ないようです。

Le Revolution Politique


自分がこのグループを知る切っ掛けとなったのがこの曲です。
革命の方針、というタイトルの社会派ミドル・チューン。
そこはかとなく、ビートルズっぽいですね。
ここではソフィーもシリアスに歌っておりバッチリ、ハマっています。
ただ、この曲だけだと彼らの本質は見えないので、
もう一曲(前作からの曲です、ソフィーもいませんのでご注意を!)を載せておきます。

I Wanna Be Seen In Public With You


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロックパンク

トラックバック一覧

コメント一覧

#699 No title
GAOHEWGII様、こんばんは。

あらゆる方面からの影響を感じさせるサウンドですね。
女性方のVOがベルベッツのモーリンタッカーっぽいとこも、
なかなかツボというか、
オルタナ方面へバッチリアピールできると思います。

下の曲は確かに、バズコックスからの影響をモロに感じますね。
変に肩を張らずに聴けてかつ良い感じにダルさが出てて、
さらに女性VO、メロディの良さも際立ってますね!

サウンドと男女VO全体に漂う"ほのぼの感"が、個人的にツボでした。
#700 Re: No title
Choco16 様 おはようございます。
コメントありがとうございます。

モーリンタッカーっていうのは、なるほど!ですね。

リード・トラックが本編では特殊な曲なのが
ちょっと歯がゆいのですが
下の曲を女性ヴォーカルが歌っている感じを想像していただけると
バッチリだと思います。

ほのぼの感ありますよね。


> GAOHEWGII様、こんばんは。
>
> あらゆる方面からの影響を感じさせるサウンドですね。
> 女性方のVOがベルベッツのモーリンタッカーっぽいとこも、
> なかなかツボというか、
> オルタナ方面へバッチリアピールできると思います。
>
> 下の曲は確かに、バズコックスからの影響をモロに感じますね。
> 変に肩を張らずに聴けてかつ良い感じにダルさが出てて、
> さらに女性VO、メロディの良さも際立ってますね!
>
> サウンドと男女VO全体に漂う"ほのぼの感"が、個人的にツボでした。
#701 No title
パンクやオルタナティブ・・小生は若い頃距離感を置いてきたジャンルですが、その反骨精神はロックの原点ですね!
#702 Re: No title
RW様 こんばんは

コメントありがとうございます。

> パンクやオルタナティブ・・小生は若い頃距離感を置いてきたジャンルですが、その反骨精神はロックの原点ですね!


ロックの原点というのはその通りですね。

プログレもしかり、ですが、ジャンルが長く続くと様式が決まってくるもので・・・・・・
反骨精神が全てに備わっているかは微妙かもしれません。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する