GLIM SPANKY/Music Freak

『日本語でかっこいいブルース・ロックとは、ありがたい!』

ディストーションてんこ盛りのヘヴィなブルース・ギター、しゃがれ声でシャウトする女性ヴォーカル。
抜群にかっこいいブルース・ロックをやっているデュオ、GLIM SPANKY。
交流させていただいているブログを通じて教えていただきました。
今回は一気に既発タイトル3枚をご紹介。

GLIM SPANKY/Music Freak
2013年12月 日本

 ジミヘンとジャニスと浅川マキを掛け合わせたような
サイケデリックなヘヴィー・ブルースを5曲収録したデビューEP。
工夫されたエフェクトの掛け方や跳ねたビートには21世紀を感じるものの、
やっていることは王道ど真ん中。
それを日本語でやるインパクトは大です。
ライヴ・レコーディングも含む荒々しい録音も素晴らしい。

焦燥
2014年4月 日本

 セカンドEP。AC/DC調スロウ・ブギかと思いきや、
サビでギア・チェンジして一気に疾走するタイトル曲がカッコイイ。
太いギター・リフが前作以上に強調されており、ホワイト・ストライプス度が上がっています。
カバーを2曲収録。
アデル「Rolling In the Deep」は原曲にあったブルースが強調されていてなるほど、と唸らされました。
荒井由実「ひこうき雲」はストレート・カバー。
コブシを効かせた歌唱が新鮮であり、且つラスト・ナンバーとしてアルバムを締めています。

褒めろよ


2015年2月 日本

 最新シングル。表題曲はブルース・ロックのベースは保ちつつ、
矢継ぎ早の転調がダイナミックなナンバー。
ただ、BPMの急速な上がりっぷりと
分厚いアレンジ(亀田誠治プロデュース)にはやや戸惑いもあり。
他の曲も今までにないキャッチーさがあり、
ファースト・アルバムを出す前に、既に変化が伺えます。
そんな中、スロー・ブギ「踊りに行こうぜ」に少しほっとするのでありました。
ジャニスのカバー「MOVE OVER」はオリジナルにはない軽快さが素晴らしい。


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する