Laura Marling/ Short Movie

『アルバム短評 2015年4月』

 書きたい新譜が溜まってきたため、
今回は短評として4枚を一挙にご紹介する形とします。
ある程度知名度が高いものや過去作を紹介したことがあるミュージシャンをチョイスしました。

Laura Marling/ Short Movie
2015年3月 イギリス

 ネオ・フォーク界を代表する自作自演歌手ローラ・マニングの新作。
エレキ・ギターの導入、バンド・サウンドの強化、
分厚いストリングス・アレンジといった辺りが新機軸でしょうか。
かなりロック的で全体的に荒ぶっています。→「Short Movie

James Bay/ Chaos And The Calm
2015年3月 イギリス
 初遭遇でグッと惹きこまれたものの、
調べていくうちにukチャート1位を獲得するなど、既に大成功していることを確認して、
正式レビューは断念しました。(ウチはあまりデカイ案件は扱っておりません)
しかし普通にいい音楽ですよ。
ジャーニーなどの産業ロックの影響が強く、
ソウルフルな自身のヴォーカルを生かした爽やかなロック・ナンバーは完成度高し。
プロデューサーもアメリカ人です。

If You Ever Want To Be In Love



Elliott Murphy/ Aquashow Deconstructed
2015年4月 アメリカ

 ベテラン・ディラン・フォロワーの最新作。
実はこれ、ファーストの再録音作でした。
ディラン度は上がったかも。

Joel Plaskett/ The Park Avenue Sobriety Test
2015年3月  カナダ

 様々名義を使い分けてアルバムを発表し続けるミュージシャンの最新作。
ポール度が高いポップス~ロックをやっています。
宅録ならではのカラフルなサウンドながら、
レイドバックしたギターの音色で芯を一本通しています。
甘い歌声とメロディーは魅力的。

The Park Avenue Sobriety Test


Tom Brosseau/ Perfect Abandon
2015年3月 アメリカ
 昨年、当ブログでもレビューしたトム・ブロッソーが早くも新作を発表。
しかも今回はジョン・パリッシュを迎えての英国録音での制作。
前作以上に益々静謐さが印象に残る内容となっており、地味さに拍車が掛かっています。
素晴らしい。

Roll Along WIth Me

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスSSWアメリカフォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

#671 No title
GAOHEWGII様、こんばんは。

ジェイムス・ベイ、気になってました。
風貌から南部ロックでもやってそうな印象ありましたが、
思ったより爽やかなポップロックなんですね。

現在UKシーンを席巻しているサム・スミスやエド・シーランは、
綺麗めな作風で、正直「なあなあ」なのですが、
ジェイムス・ベイは地に足ついた曲調がグッときました。

少し投げやり気味な、渋い喉が聴かせますね!
#672 Re: No title
Choco16様 こんばんは

コメントありがとうございます。
ジェイムス・ベイは正当派ないい曲を書きますのでおすすめです。
この音楽性でイギリスってところが意外。
コーラスの繊細さやバックのキーボード・アレンジの細やかさは
イギリスらしいかな、と思います。



> GAOHEWGII様、こんばんは。
>
> ジェイムス・ベイ、気になってました。
> 風貌から南部ロックでもやってそうな印象ありましたが、
> 思ったより爽やかなポップロックなんですね。
>
> 現在UKシーンを席巻しているサム・スミスやエド・シーランは、
> 綺麗めな作風で、正直「なあなあ」なのですが、
> ジェイムス・ベイは地に足ついた曲調がグッときました。
>
> 少し投げやり気味な、渋い喉が聴かせますね!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する