Fairport Convention/ Rising For The Moon [Deluxe Edition]

Fairport Convention/ Rising For The Moon [Deluxe Edition]
1975年 イギリス
『デラックス・エディションは貴重音源がてんこ盛り』

 柿の種を食べながらテレビを見ているとポロリと一粒、テレビの裏へ入ってしまった・・・・・・
よっこらせ、とテレビ台をどけると。
あら、不思議。フェアポート・コンベンションの未開封アルバムが出てきたよー。(ダメダメ)

 英フォーク・ロックを代表するグループ、フェアポート・コンベンションの8作目。
この時期はメンバー・チェンジが激しかった頃で、
サンディ・デニーが脱退して男所帯だったグループに、
フォザリンゲイ~ソロを経験したサンディ・デニーが復帰。
ライブ盤を経て制作されたのが本作となります。
マタックスは途中で脱退してしまいますが、三人デイヴ時代の二人は残留。
そこへ戻ってきたサンディ・デニー。
当時バンドにはサンディの恋人トレヴァー・ルーカスとジェリー・ドナヒューという
二人のギタリストが在籍していました。
70年にフォザリンゲイを組んだメンツであり、
サンディ・デニーにとってやりやすい環境が整っていたことは間違いありません。
案の定、作曲クレジットでは一部共作曲を除き、ズラリとサンディ・デニーの曲が並んでいます。
当時のフェアポートの持っていたカントリー・ロック調のサウンドに、
サンディのソロでのポップな味わいを生かした楽曲群が並んでおり、
ほのぼのとしたアルバムとなっています。
穏やかなデイヴ勢がサンディ・デニーを立てた結果初期にあった緊張感はなく、
同窓会的な和やかな雰囲気が印象的。

 デラックス・エディションは貴重音源がてんこ盛りでおすすめ。
まずディスク1には別テイクが5曲。
未発表曲「The King And Queen Of England」はソロ『Like An Old Fashioned Waltz』にも
ボートラとしてデモ・ヴァージョンが収録されています。
ディスク2は74年LAトルバドール公演を収録したライブ盤。
こちらはディラン・カバー「Knockin' On Heaven's Door」や
サンディのソロ音源などこの時期ならではのレパートリーが楽しめるので、
新鮮に楽しむことが出来ました。

 おむすびころりん的な経緯で聴くことが出来たデラックス・エディション。これはツイテル!
「One More Chance」


アルバムのラストを飾るバラード・ナンバー。
ドラマティックないい曲ですね。
もう一度、チャンスが欲しい。もう遅すぎますか?という殊勝な歌詞なのですが・・・・・・
彼女は本作発表後、プロデューサーと喧嘩の末、
旦那とリード・ギターを引き連れて脱退してしまいます。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスフォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

#731 No title
こんにちは。
無事発掘されて良かったですね。
フェアポートはやっぱ女性ヴォーカルないと寂しいっすね。最近、オールド・グレイ・ホイッスル・テストのベスト盤DVDが出てきて、見たら男所帯のフェアポートが入ってますたわ。
#732 Re: No title
yuccalina様 こんばんは
コメントありがとうございます。

サンディ・デニーの華やかさは何物にも代えられませんからね。
そうはいっても居ないなら居ないなりに魅力を発揮しているので
むさいフェアポートも楽しんでやってください。


> こんにちは。
> 無事発掘されて良かったですね。
> フェアポートはやっぱ女性ヴォーカルないと寂しいっすね。最近、オールド・グレイ・ホイッスル・テストのベスト盤DVDが出てきて、見たら男所帯のフェアポートが入ってますたわ。
#737 こんばんは
自分もフェアポート、大好きです。
ペンタングルとフェアポートは、何か他のトラディショナルバンドよりも贔屓目で聴いてしまいます。
#738 Re: こんばんは
ryo様 こんばんは

コメントありがとうございます。

> 自分もフェアポート、大好きです。
仲間ですね。
> ペンタングルとフェアポートは、何か他のトラディショナルバンドよりも贔屓目で聴いてしまいます。

その二つに加えるとすればやはりスティーライですが
彼らはどちらかと言えば本格派ですからね。

とは言え、グイグイ英フォークを攻めていくryoさんをいつかは見たいものです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する