スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

地方賞を楽しむ 関東ブロック編 CDショップ大賞2015

地方賞を楽しむ 関東ブロック編
『東京≒関東』

連載記事になります。
前回の記事はこちらから。

関東ブロック

受賞作

シャムキャッツ/AFTER HOURS


東京を拠点にするグループ。
サニーデイサービスなどと比較されることも多いグループのサード。
アコースティック重視、70年代日本語ロック的な世界観、
フィッシュマンズに通じるレゲエ、ダブからの影響などが特徴です。
バックボーンがしっかりした上での、洗練された音楽性は堂々たる完成度。
脱力感を伴うふわっとした空気感がポイント。

その他ノミネート

Hermann H & The Pacemakers/THE NOISE,THE DANCE
東京を拠点にするグループ。
最初はジェリー・アンド・ザ・ペースメイカーズの方しか気が付かなかったのですが、
ハーマンズ・ハーミッツも名前に入っていたのですね。
ヘルマンって読むのですか、なるほど。
疾走感のあるビートと哀愁のメロディー。
二つを兼ね備えた北欧ロックンロールを彷彿とさせるサウンドが魅力。

浮遊する猫/フカシンリョウイキ
東京を拠点に活動する女性三人組。
オルタナ、シューゲイザー・ロックに影響されたダークで幻想的なロック・サウンドが特徴。
リズム隊が生み出すダイナミックなグルーヴ(うねり)にはスケールの大きな魅力を感じます。

ハルカトミユキ/そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら
東京を中心に活動している女性デュオ。
森田童子に影響を受けたとのことで、
近年はダイナミックなロック・アレンジを施したフォーク・ロック的な音楽をやっています。
ネガティヴな世界観は確かに森田童子の流れを汲むもので、
ポジティヴ主流のJPOPシーンの中では異彩を放つ存在。
ドラマティックなメロディーも素晴らしい。

TarO&JirO/OVNI

出身地などの情報は得られませんでした。
兄弟によるギター・ロック・デュオ。
フランスでのギター・ロック・オーディションへの参加、
優勝など海外での活動も積極的に行っているようです。
流行のダンス・ロック要素を取り入れたオーソドックスな楽曲(英詞)ながら、
弾むリズムに乗ったツイン・ギターの流れるようなフレージングに包まれるのが気持ちいいです。

あゆみくりかまき/ジェットクマスター
神戸出身、大阪出身のメンバーから成る三人組アイドル。
(これは関西枠の方が良かったのでは?)
音楽は女性ヴォーカルのハードロックをやっています。

ツヅリ・ヅクリ/鍵がえし
東京を拠点に活動する男女デュオ。
ピアノ弾き語り+カホン、という編成。
情熱的なリズムを叩くカホンの存在感は新鮮。
アジアっぽいメロディーを奏でるヴァイオリンが曲をドラマティックに仕上げていますが、
デュオならではの空気感を殺している部分もある、と感じました。

ザ・ヒーナキャット/ふたり物語
神奈川出身、ゴシック・ファッションに身を包んだ二人組ロック・バンド。
ダンサフルな80年代テクノポップをやっています。
ボニー・テイラーもチラつくシリアスなメロディーが要。

ルルルルズ/色即是空

『リリースからわずか1年足らずで解散した幻のグループ、ユメオチ(ヴォーカルの寺岡歩美は現在sugar me名義で活躍中)のソングライター行 達也が新たに結成したグループの1stミニアルバム。』(宣材文より抜粋)
さりげなくユメオチが幻のグループで片づけられていることにびっくり、
サラッとキャリアを重ねてしまうことに二度びっくり。
アコースティック寄りだったユメオチの流れを汲んでいます。
エレクトリックで打ち込みもありで、モダンなポップ・ミュージックという印象。
グルーヴを重視した分、リンダ・ルイスを彷彿とさせるフォーキー・ソウル色が加わっている、
そんな気がします。いや、そんなアルバムだったらいいな、ということで、
これは買ってみることにします。

関東ブロック賞感想
 ヒーナキャット以外全て東京をベースとするミュージシャンばかりなのが不満であり、
且つ、その東京を擁している関東ブロックとしてみると、
このノミネート作(提案)は物足りないです。
去年チラッと書きましたが埼玉代表でまりこふんをノミネートしても良かったのですよ!
それはそれとして、バラエティに富んだラインナップを楽しませていただきました。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本

トラックバック一覧

コメント一覧

#636 No title
この企画も上位層はCDショップならではの視点が薄れて、なんだかなーと思っていたのですが、地方賞の方は面白い人選になっていますね。ノミネート作品の情報までは仕入れていなかったので、とても参考にしています。
この記事で紹介されている作品のうち5作は聴いていました。シャムキャッツが受賞していたので、東京インディー勢が固まっているのかと思ったら、意外とジャンルがばらけているという印象。でも「地方」らしい個性が見出しにくいのは難点ですね。
#637 Re: No title
hawaiibem様 こんばんは
コメントありがとうございます。

>ノミネート作品の情報までは仕入れていなかったので、とても参考にしています。
ありがたいお言葉。お役にたててうれしいです。

>この記事で紹介されている作品のうち5作は聴いていました。
全部、ネット検索に掛けて調べるのですが、
そういえばhawaiibemさんのhpが出てきたことがありました。
ツヅリ・ヅクリかハルカトミユキ辺りだったでしょうか。

>意外とジャンルがばらけているという印象。
選盤する面々はそれぞれキャラクター分けをしているのでしょうね。

>でも「地方」らしい個性が見出しにくいのは難点ですね。
結局、北海道に於ける札幌が、関東に於ける東京なのでしょう。
関東に限らず、各地方で音楽の色が出てくる、
なんて事態になれば日本の音楽シーンとしても楽しそう。
情報に溢れた今の時代、なかなか難しそうですが。




> この企画も上位層はCDショップならではの視点が薄れて、なんだかなーと思っていたのですが、地方賞の方は面白い人選になっていますね。ノミネート作品の情報までは仕入れていなかったので、とても参考にしています。
> この記事で紹介されている作品のうち5作は聴いていました。シャムキャッツが受賞していたので、東京インディー勢が固まっているのかと思ったら、意外とジャンルがばらけているという印象。でも「地方」らしい個性が見出しにくいのは難点ですね。
#638 No title
こんな企画と賞があるのですね!初めて知りました!
#639 Re: No title
RW様 こんばんは コメントありがとうございます。

> こんな企画と賞があるのですね!初めて知りました!

実はあるのですよ!なので、この連載記事はそれに乗っかっただけだったりします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。