地方賞を楽しむ 北陸/甲信越ブロック編 CDショップ大賞2015

地方賞を楽しむ 北陸/甲信越ブロック編
『和製サイケポップはほんわか仕上げ』

連載記事になります。
前回の記事はこちらから。

北陸ブロック

受賞作
Family Basik/A False Dawn And Posthumous Notoriety


金沢市在住一人を含む兄妹デュオによるデビュー・アルバム。
英語詞によるシンセ主体のサイケデリック・ポップをやっています。
日本人発声と分かる朴訥な英語発音による柔らかい歌声と、
ノルスタルジックなメロディーの組み合わせがジム・オルークのような世界観で心地よい。

その他ノミネート
Ehon/In Youth EP 
金沢出身のポスト・ロック・バンドの自主盤。
繊細なストリングス・アレンジが新人離れしているのに加え、
英語詞による掠れた歌声も柔和で味わいがあり。

ヒナタカコ/Aquadream
福井県三国町出身のシンガー・ソングライター。
本作は亀井登志夫氏との共同プロデュースにより、制作された4曲入りシングル。
ブリティッシュ色を加えた作品とのこと。
(音源が見つからず、残念ながら試聴出来ませんでした。)

甲信越ブロック

受賞作
GLIM SPANKY/焦燥


 長野出身、東京を中心に活動しているデュオ。
このグループは最近、交流ブログ様での記事で知ったばかり。
渋いブルース・ロックをやっている男女デュオということで、
ザ・ホワイト・ストライプス辺りを彷彿とさせます。
何といっても、ドスの効いた凄味のある女性ヴォーカルが印象的。
加えてギターがアンガス・ヤングの如き、バキバキに太いリフを刻んでいるところもポイントです。
本作を含め、今月リリースのミニ・アルバムも購入したので近日中にレビューします。
現在進行形でハマってしまったので、納得の選出。

その他ノミネート
北園みなみ/promenade
松本市在住、シティポップ系宅録SSWの初流通盤。
本作は当ブログでもレビューしたので、
詳しくはこちらをどうぞ。
ポテンシャルの高さからノミネートも納得。
真価を発揮するであろう、フルアルバムを待っております。

Kagalibi/見渡せるほどの小さな日々を
岡山出身山梨市在住。
ギター弾き語りのベテランSSWによる新作。
最近の活動はチェック出来ておりませんでしたが、健在のようで何より。
ボサノヴァをルーツに持つ爽やかなアコースティック・ナンバーが特徴。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する