Archie Bell & The Drells/Dance Your Troubles Away

Archie Bell & The Drells/Dance Your Troubles Away
1975年 アメリカ
『フィリー・ソウル版アーチー・ベル&ドレルズ』

 アーチー・ベル&ドレルズは「Tighten Up」の存在感が大きすぎて、
ファースト及びその続編のセカンドばかりを聴いていたのですが、
75年の本作に近所のブックオフでたまたま遭遇。
楽しそうなジャケに釣られて買ってみました。

ARCBEL.jpg

 アーチー・ベル&ドレルズはアトランティックでアルバムを3枚リリースした後、レーベルを離脱。
マイナーなレーベルを渡り歩きシングルのみを発表していました。
そして前作から6年のインターバル。
TSOP(サウンド・オブ・フィラデルフィア)の傘下、フィラデルフィア・インターナショナルから
満を持してリリースされたのが本4thアルバムとなります。

 本作は、マクファドン&ホワイトヘッド、ギャンブル&ハフ、バニー・シグラーなど
フィラデルフィア・ソウルのオールスターとも言うべきメンバーが
バックアップをして制作されているだけに、いい曲が揃っています。

 オープニング「Let's Groove」は熱を帯びるリズムと合いの手ヴォーカルなど、
「Tighten Up」の要素を含むグルーヴィ・チューン。
しかし骨太なアトランティック・サウンドとは異なり、甘く爽やかなグルーヴが印象的です。

 全体的に豪華なストリングス・アレンジと優しいコーラスは
典型的なフィリー・ソウル・サウンドとなっており、質も大変高い作品。
豪華メンツを起用した裏返しか、彼らの個性が薄まっているような気もしないでもないです。
しかし、「Tighten Up」のイメージからの脱却には十分成功していると思います。
個性と言う点では、彼らはスロウ・バラードでのねちっこい歌い振りにも定評があるのですが、
本作でも「I Won't Leave You Honey Never」という9分越えの大バラードを収録。
フィラデルフィア仕様で甘々な仕上がりとなっており、どっぷりと浸かれます。

「The Soul City Walk」



 華麗なストリングスと軽やかなリズム。
フィラデルフィアらしい軽快なダンス・チューン。
アーチー・ベル&ドレルズの持つグルーヴ感も融合しているのがポイントです。
シングル・エディットなのか、フェイドアウトしてしまうのが少し悲しいですが。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

#663 No title
なんか見た事あるあるバンド名だとおもったら
「Tighten Up」の方々だったんですね。
といっても私が知っているのはYMOのカヴァーでオリジナルはまだ未聴です。

「The Soul City Walk」もいい感じなので
ちょっと調べてみようっと。
#664 No title
ディスコブーム前にはこのようなモータウンサウンドやソウルが主流でしたよね。懐かしさを感じます。
#666 Re: No title
RW様 こんばんは
コメントありがとうございます。

> ディスコブーム前にはこのようなモータウンサウンドやソウルが主流でしたよね。懐かしさを感じます。

自分は後追いですが、
75年辺りはディスコ期への移行も始まっていて過渡期って感じですよね。
レア・グルーヴやフリー・ソウルの文化で再評価されたみたいです。
僕はそのムーヴメントの洗礼も受けていないので
コツコツ楽しんでおります。
#667 Re: No title

面白半分様
こんばんは
コメントありがとうございます。

>オリジナルはまだ未聴
これはもったいない!是非聴いてみてください。
YMOのヴァージョンもコミカルでいいのですが、
オリジナルの骨太グルーヴもかっこいいですよ。

> なんか見た事あるあるバンド名だとおもったら
> 「Tighten Up」の方々だったんですね。
> といっても私が知っているのはYMOのカヴァーでオリジナルはまだ未聴です。
>
> 「The Soul City Walk」もいい感じなので
> ちょっと調べてみようっと。
#673 No title
GAOHEWGIIさん、こんにちは。

こんなのがブックオフに転がっているなんて素敵ですね。

私もYMOのカヴァーから入ったクチです。
のちにオリジナルを聴いた時には音色は別として、構成
から何からある意味「完コピ」だったので、意外だなぁと
思った覚えがあります。もっといじっていると思っていた
ので。
#675 Re: No title
ハリー様 こんばんは

コメントありがとうございます。

なるほど、完コピと感じましたか。

自分はオリジナルから入ったのですが、
YMOのカバーを聴いたときにはディスコ化に驚いた記憶があります。
感じ方は人それぞれですね。

> GAOHEWGIIさん、こんにちは。
>
> こんなのがブックオフに転がっているなんて素敵ですね。
>
> 私もYMOのカヴァーから入ったクチです。
> のちにオリジナルを聴いた時には音色は別として、構成
> から何からある意味「完コピ」だったので、意外だなぁと
> 思った覚えがあります。もっといじっていると思っていた
> ので。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する