Red Norvo/ Music To Listen To Red Norvo By

Red Norvo/ Music To Listen To Red Norvo By
1957年 アメリカ
『隠れヴィヴラフォン奏者』

RedN.jpg

 ジャケ買いの一枚。
ロッド・スチュワートのファーストにも通じる、
孫とたわむれるおじいちゃんジャケから、ほのぼの感が漂っております。

 ヴィブラフォン奏者のレッド・ノーヴォと言われても全く知らない方だったのですが、
彼は戦前から活躍するジャズにヴィブラフォンを導入したパイオニアとのこと。
1949年、タル・ファーロウとチャールズ・ミンガスの二人と共に
レッド・ノーヴォ・トリオとして活動を開始。
このトリオは短い期間のみで解散となりましたが、
当時、貴重なヴィブラフォン奏者としてひっぱりだこであり、
ベニー・グッドマンやビリー・ホリディ、フランク・シナトラなどのバックも務めていたようです。

 本作のクレジットは以下。

Red Norvo (Vibraphone)
Buddy Collette (Flute)
BILL SMITH (Clarinet),
Barney Kessel (Guitar)
Red Mitchell (Bass)
Shelly Manne (Drums)

 ウエスト・コースト・ジャズ・シーンに於けるダブル・ベースの名手、
レッド・ミッチェルがいますね。
彼はトリオ解消後のレッド・ノーヴォと長きに渡り、行動を共にしています。
またフルート奏者バディ・コレットの存在にも注目。
この方は個人的には初めまして、なのですが、マルチの管楽器奏者として活躍していたそうです。
メインはテナー・サックスなのですが、
フルート、クラリネットのプレイヤーが貴重な当時、様々なセッションに呼ばれていたとのこと。
ちなみに著名なマルチ・プレイヤーにしてフルート奏者
ハービー・マンとのデュオ作が彼の代表作となっています。(参考動画はこちら
他にはメロディアスなギター弾き、バーニー・ケッセルと、
やはりウエスト・コーストを代表するドラマー、シェリー・マンが参加。

 本作の内容ですがフルートやクラリネットとヴィブラフォンの音の重なりが
とても爽やかで優美な聴き心地。
ジャケット通りのイメージで幕を開けるオープニング「Poeme」を始め、
A面は正しく裏切らないのどかさ。
そしてB面にはビル・スミスというクラリネット奏者による器楽組曲「Divertimento」を収録。
穏やかな表情に厳かさが加わっており、しっとりとメロウな雰囲気。

リーダーのヴィブラフォンは大人しめながら、
たまにリードするギターと共に優しい音色で和ませてくれます。
面子から想像できるイメージを裏切らない優雅さが楽しめるアルバムでした。

「Poeme」


 既に本文でも書きましたが、とてもキラキラしたオープニング・チューン。
子供時代の楽しさを表現したかのようなサウンドです。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカジャズ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する