スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

ぶどう÷グレープ/アムステルダム

ぶどう÷グレープ/アムステルダム
2014年6月 日本
『イギリス帰りで、シリアスに攻める』

 ベテラン・テクノ・ポップ・グループによる通算7枚目。
初期から応援しているのですが、どうにもメジャーになりきれない彼等。
最近はイギリス・ツアーも行っており、世界を視野に入れ始めたようです。
精力的な活動をされているようで何より。

 アルバムを出すたびに洗練されてポップ化が進行しているぶどう÷グレープ。
80年代のニュー・ウェーブ、テクノ・ポップを現代風にアレンジした音楽性が特徴です。
今回もキーボードとギターによるシンプルなリフ、
ブイブイとコミカルにうなるシンセベースの音色、
女性らしい溌剌とした可愛い歌声のくみんこのヴォーカル、
といった従来の魅力は健在。
80年代から活躍するベテラン揃いだけに演奏は完璧、コンビネーションも盤石です。

 また今作ではポップな魅力はそのままに、
緊迫感あるシリアスな雰囲気を演出している曲が増えています。
イギリス・ツアーに行っていた成果でしょうか、
スタイリッシュなビート・グループを彷彿とさせるかっこよさも纏っている印象。
一方で初期で見られたアヴァンギャルドな要素はほとんどなくなってしまいましたが・・・・・・
それも些細なことと感じさせる完成度でした。
新作が出るたびに最高傑作と言ってしまうのは胡散臭さ満点ですが、
そう言わせてしまう快作。

「きみの知らないうれしいいっぱい」


おとぼけ路線のクリップが多い彼等ですが、今回はカッコよく決めています。
くみんこはモデル経験もあるということですが、
こうしてみるとなるほどステージ・パフォーマンスも凄そうな
押しの強さ。
この曲はアルバムでも一際キャッチーな出来を誇っています。
ブイブイのシンセベースがくせになる気持ちよさ。
「いっぱいうれしい、いっぱい」コーラスも耳にこびりつく感じでグー。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ロックポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#503 No title
明けましておめでとうございます。今年も洋楽コーナーももお互いに切磋琢磨を活発になればと願っています。本年もよろしくお願いいたします。
#504 Re: No title
ローリングウエスト様 こんばんは

年始のあいさつコメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
旅行記もたのしみにしておりますので。


> 明けましておめでとうございます。今年も洋楽コーナーももお互いに切磋琢磨を活発になればと願っています。本年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。