宮本典子/Rush

宮本典子/Rush
1980年 日本
『華麗なストリングスに彩られたソウル歌謡』

 去年、『NORIKO』で宮本典子入門を果たし、最近やっと二枚目を購入しました。
あのときはすぐ他のアルバムも買いたい、とか思っていたのですが
色々と物欲がせめぎあい、ついつい後回しになってしまいました。

 帯にはライトソウルという文字もあり、なるほど次作にあたる『NORIKO』に比べると
洋楽度が高くAOR~シティポップのイメージが強いアルバムです。
ただ一般的には
前作『VIVID』で挑戦した歌謡曲路線を本格的に導入したアルバム、
ということになっているみたいです。
この辺りは遡って聴いている自分とは印象が異なりますのでご了承ください。
作曲陣には林哲司、筒美京平、大野雄二、呉田軽穂といった面々が名を連ねています。
豪華メンツですね。当然ながら死角のない素晴らしい曲ばかりが収録されており、
『NORIKO』ほど歌謡曲由来の俗っぽさとハッタリこそ無いものの、
洗練された和製ソウルを楽しむことが出来ます。

 グルーヴィという部分ではちょっとおとなしめと感じましたが、
高品質な演奏と楽曲、そして相変わらずのパワフルな歌唱で大いに楽しむことが出来ました。
2枚のアルバムだけを聴き比べてもかなり違ったので、
プロデュースやレーベルの意向に翻弄されていた当時の状況も伺えて来て、
葛藤があったのだろうな、と想像させられました。
近々、ベスト盤もリリースされるとのことで、まだまだ再評価されている彼女。
次は初期のアルバムを、そのうちに聴いてみようと思います。

「炎の頃」


 三浦徳子/筒美京平 のコンビによるナンバー。
年月を感じさせるもののやっぱり曲の出来はいい。
爽やかなストリングスをバックに、しっとりと且つソウルフルな歌声が響き渡ります。
軽やかな歌謡テイストが、ほっとさせてくれる聴き心地。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップスソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する